メンズファッションをロジカルに解説してくれる、ファッションバイヤー・ブロガーのMBさんに、パパのコーディネート術を聞く本連載。

 独身のころは頑張ってオシャレもしたけれど、結婚して子どもが生まれ、仕事や育児に忙しいDUALパパの皆さん。服をのんびり見に行く暇なんて、ほとんどないかもしれません。それでも、月に一度だけでいいんです。予算を決めて、服を買いに行きませんか?

 買う服の選び方やコーディネートの考え方について、日経DUAL編集部が塾生となり、MBさんに講義してもらいます。妻や子どもたちから「パパ、カッコいい!」と言われるような、オシャレパパを一緒に目指しましょう。今回は12月のコーディネートのノウハウを教えてもらいます。

MBさんの「メンズファッションの原則」については、こちらから

MBの「パパコーディネート塾」3つのルール
●毎月一度は、服を見に行く日をつくる
●お小遣いの中に“洋服予算”を設定する(5000円~)
●予算は“使い切る”。少なくとも1着は服を買う

なぜモデルはみんな小顔なのか?

日経DUAL編集部(以下、――)  MBさんの「パパコーディネート塾」、今回は12月編です。本格的に寒くなる冬本番の12月は、どんなコーディネートがおすすめでしょうか。

MBさん(以下、敬称略) 先月はコートをご紹介したので、今月は「ストール」の着こなしについてお話ししましょうか。

 ストールは、すごく簡単にオシャレになれるアイテムです。ストールを巻くと、顔の近くに面積の大きなものがくることになるので、対比効果で小顔に見えるんです。小ぶりなものより大きめのストールを選ぶと、より小顔効果が期待できます。

 女性じゃあるまいし、男の顔が多少小さく見えたところで…と思う人もいるかもしれませんが、男でも小顔効果は大きいです。顔が小さく見えると、その対比で手足が長く見え、手足が長いと何を着ても似合って見える。「何頭身」という表現があるように、頭の大きさは体のバランスをみる基準です。モデルさんはみんな小顔なので、何を着てもサマになるんです。

 コム デ ギャルソンのような、すごくファッショナブルな服を着こなすのもカッコいいのですが、普通の人にとっては、スラッとして見えるスタイリッシュなコーディネートのほうが周囲の評判もいいと思います。スタイリッシュに見せるということは、オシャレになるうえで最初に目指すべきことなんです。

 そういう意味で、小顔に見せて、手足を長く見せてくれるストールって、最も簡単で、かつ効果の高いものだと僕は考えています。普通の格好に、サッと布を首に巻くだけで、スタイリッシュに見えるわけですから。

次ページから読める内容

  • 高級感を漂わせる「ショール」を使ってみよう
  • MB厳選! 今月のおすすめファッションアイテム

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。