教育は「消費」でなく「投資」、勉強の目的は「合格」でなく「成長」

 デメリット その2 

チャレンジしない子になってしまう危険性もある

 親の態度や声かけによってはその後の子どもに深刻な悪影響を与えてしまう可能性もあります。

 「受験勉強中に塾などで受ける模試の結果に親が一喜一憂するのはやめたほうがいいと思います。最悪の場合、『悪い点数を取ったらお母さん(お父さん)に怒られるから、もう勉強したくない(しない)』などと、子どもがチャレンジを恐れるようになってしまうこともあるからです。また、子どもが不合格になってしまった場合に、親が絶対に言ってはならないのは『お金も時間もムダになってしまったね』というセリフ。子どもによってはその言葉が大きなトラウマとなり、その後の人生で頑張りが利かなくなってしまいます。

 このような言葉や態度が出てしまう人は、教育を『消費』だと考えてしまっています。本来教育は、子どもの未来に向かってじっくり『投資』するもの。勉強の目的は“合格”ではなくて、“成長”なので、そこをはき違えないことが大事です」(石井先生)

 デメリット その3 

受験テクニックの習得だけに終始してしまうと、入学後に落ちこぼれる場合がある

 中学受験をする子の中には、有名難関中学に入りたいあまり、学校の勉強をおろそかにして、受験テクニックを身に付けることだけに注力してしまう子もいるようです。その場合、「基礎学力が積み上がらないので、その後の学力の伸びに大きな影響を及ぼします」と、鈴木先生は警鐘を鳴らします。

 「基礎学力が積み上がらないまま、偏差値の高い学校に受かったとしても、授業についていけずに落ちこぼれてしまう場合もあります。中学でどんなに勉強しても学年下位の成績しか取ることができなければ、たとえ有名難関中学に入れたとしても、本人は幸せとは感じないでしょう」(鈴木先生)

 デメリット その4 

不本意な学校に入学することになった場合に、6年間の学びの質が下がってしまうことがある

 残念ながら第一志望に合格できず、第二志望以下の中学校に通うケースもあるでしょう。「その際、本人が納得できているか否かが大きな分かれ道になってしまいます」と鈴木先生は言います。

 「第二志望のB中学でも、『ここが自分に合っている学校だ』と本人が納得できれば楽しく通うことができますが、『なんでこんなに偏差値が低い学校に来てしまったんだろう』などとマイナスに捉えてしまうと勉強に身が入らなくなり、中高6年間の学びの質が相当下がってしまいます

 進学する学校に子ども本人が納得できていないと、進学先の中学にどれほどいいカリキュラムが用意されていたとしても、自分から積極的に学ぼうとする姿勢が身に着かず、いい学びを得られなくなります。

 私自身、小学校の学級担任をしていた際、『やらされている勉強』と『自分からやる勉強』では、学びの質に10倍くらいの差があるような印象を受けていました。つまり、『やらされる勉強』の場合、学びの質が10分の1に下がってしまうということ。中学受験がきっかけで、そのような事態になってしまったら本末転倒ですよね」(鈴木先生)

 次回は、中学受験をするかしないかを具体的に検討する際に、目を向けたい6項目について詳しくご紹介します!

(取材・文/西山美紀 写真/鈴木愛子)

 プロフィール(50音順)

石井知哉さん
石井知哉さん 株式会社QLEA教育事業部部長。高校受験Webサイト「スクールポスト」主宰。2000年、早稲田大学第一文学部 哲学科卒業。東京都の塾業界にて指導歴20年以上。豊富な実践経験に裏付けられた独自の理論とメソッドに基づき、小学校低学年の補習から浪人生の大学受験まで、幅広い学年・学力層・教科を対象に、個々の成長を最大限引き出す指導を得意とする。現在は、東京都大田区で個別指導塾2校舎の教務・運営を統括。「School Post」では記事を執筆し、長年培った「教育の最前線に立つプロの知見とノウハウ」を惜しみなく発信。特に都立高校入試には推薦・一般ともに精通し、受験生・保護者にアドバイスを送り続ける。2014年から毎年冬に「都立高校 推薦入試 対策講座」を開講、2017年には千代田区麹町に超少人数指導教室「合格ゼミ」を開設。中学生・高校生に教鞭を執り、毎年多くの受験生を難関校・人気校合格に導く。2018月2月より「マイナビ中学受験ナビ」に寄稿開始。
鈴木邦明さん
鈴木邦明さん 1995年、東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。2017年、放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市と埼玉県深谷市の公立小学校に計22年間勤務し、学級担任として様々な子どもたちと関わる。現場での長年の実践経験を基に、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表し、教員・保護者向け教育関連情報サイト「学びの場.com」で2011年からコラムを連載するなど、若手教員に役立つ情報を積極的に発信。現在は指導者の育成に軸足を移し、2018年4月から帝京平成大学現代ライフ学部児童学科講師。