日経DUAL創刊時から、連載「ママ世代公募校長奮闘記」を執筆してきた大阪市立敷津小学校・元校長の山口照美さん。2016年4月からは公教育に関わる職務に就き、DUALでも「山口照美 20年後の未来を生きる力を育てよう!」で熱い言葉を届けてくれました。そして、2018年1月からは、大阪市生野区の区長として、子育て世代だからこその「まちづくり」を考えます。待望の新連載です。 

* 本連載の最後のページには、《区長に質問!コーナー》があります。行政に対する素朴な疑問に山口さんが答えます。ぜひご覧ください。

失敗を想定したチャレンジはない

 区長になってしばらく、出勤時に携帯電話のCM曲、WANIMAの『やってみよう』をずっと聴いていた。そして心の中でツッコむ。

 「失敗も思い出って……アカンよなぁ」

 行政は税金で運営されている。失敗を想定したチャレンジは、基本的にあり得ない。それなのに再開発やハコモノの失敗作品が全国にあるのはどうなんだ、と言われそうだが、最初から「失敗しよう」と思って始めたわけではない(と信じたい)。

 だからと言って、淡々と前年度の仕事を繰り返していても、時代の変化や新たな課題に対応できない。さらに、課題解決だけで終わらず「子育て世代に選ばれるまち」になるという目標を掲げ、ありとあらゆる手を限られた予算とマンパワーで打っていかなければならない。

 昨年4月に着任してから、大阪市職員として長年勤めてきた副区長と10名の課長に、そして260名を超す職員に、「未来志向のまちづくり」を訴えてきた。課題解決にとどまらず、生野区に若者や子育て世代が集まり、持続可能なまちになるように。

松竹座の「生野区民優待デー」で、マスコットキャラクターのいくみんと『生野区長役』で舞台にちょい役で出演。想像以上にいろんな仕事があります(笑)。(写真中央が筆者)

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。