中学受験では、多くの塾で5年生の3月から「合否判定模試」が始まります。この模試は、志望校の合格可能性が現時点で何%であるかが判定され、志望校を選ぶ上での貴重な判断材料となります。6年生の12月まで通算4~7回実施され、本番が近づくにつれて現実味が増します。合格率は20~80%と幅があり、その数値の変動で一喜一憂する親子がいますが、「注視すべきは、そこだけではありません」と話すのは、本連載でもお馴染みの西村則康先生。実は模試の結果には、苦手克服や得点アップにつながる様々なヒントが隠されているのです。となれば、それを利用しない手はありませんね。模試結果の活かし方をプロに伝授してもらいました!

模試の結果には、今後成績を上げていくためのヒントが隠されている

 受験生の親御さんに伺います。子どもの模試の結果が返ってきたら、真っ先に見るのはどこですか?

 偏差値? それとも、合格可能性のパーセンテージ?

 どちらを先に見るかは分かりませんが、おそらくほとんどの親御さんがこの2つの数値を確認するでしょう。そして、今回は「上がった」「下がった」とこだわってしまうのではないでしょうか。

 「でも、見るべき場所はそこだけではありません。偏差値や合格可能性は結果であって、その数値を見ただけでは、成績を上げていくことはできないからです。模試の後、まず注目すべきところはお子さんが書き込んだ解答や、問題用紙に残されたメモや下線、傍線、そして計算の跡などです。お子さんがどんな問題でどんな間違いをしてしまったのか、その原因は何かを突き詰めていかなければ、次に生かすことはできません」

 西村先生によると、模試の結果から次に生かすべき要素は2つあります。

 ① 今すぐ得点アップにつながる問題を見つける。
 ② 今は解けているけれど、この先忘れてしまいそうなところをチェックしておく。

 詳しく説明しましょう。

 ①は少し気をつければ、得点が取れていたはずの問題です。「計算間違い」「図が描けていなかった」「問題文を読み飛ばしていた」など、テスト終了後、家で親と一緒に振り返ってみると「これは解けたな」と思われるもの。悔しいミスですね。でも、これらはすぐに修正していけば、次の模試では確実に点数アップにつなげていくことができます。「あぁ~、やっちゃった」で終わるのではなく、「次は絶対にミスしないぞ」という気持ちで振り返りましょう。

 また、正解した問題も放置していてはいけません。②は今回は運良く正解できたけれど、この先忘れてしまいそうなやや不安な問題です。今回の模試では「○」だけど、もしかすると入試本番では「×」になってしまうかもしれない……。そう思ってしまうのは、「納得したうえでの理解」まで到達していないから。そこをきちんとクリアしていかなければ、本番で確実に点を取ることができません。分からない状態をそのままにせず、ここでもう一度しっかり復習しておきましょう。

 このように、お子さんの解答には次に生かすべきヒントが隠されているのです。えっ!? 子どもの書いた解答なんて見たことなかった!? 「実はそんな親御さんは多いんです」と西村先生。

 「今の中学受験の問題は、大人でも難しく、問題を見てもさっぱり分からないという親御さんがいます。でも、解説を読めば理解はできると思いますし、何よりお子さんが学習している内容やレベルを知るのはとても大事です。問題の中身も見ずに、ただ数値による結果だけを見て、お子さんの出来を判断してはいけません」

※ おすすめ日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』

本連載の内容に加筆した充実の書籍『中学受験 基本のキ![新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報を、シーズンごとに整理して掲載しています。受験校の併願パターンでは74校を紹介しています。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関するを情報の基本から応用までを、幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページから読める内容

  • 見るべきポイントは、合格最低点まであと何点足りないか?
  • 正答率40~100%の問題で×は痛手。御三家志望なら正答率30%も正解を
  • 11月中旬以降は、模試ではなく過去問でレベルアップを目指す

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。