日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験 賢い家庭はやっている 模試の活かし方

中学受験 賢い家庭はやっている 模試の活かし方

偏差値や合格可能性の数値だけでは見えてこない大事なポイントをプロが伝授


中学受験では、多くの塾で5年生の3月から「合否判定模試」が始まります。この模試は、志望校の合格可能性が現時点で何%であるかが判定され、志望校を選ぶ上での貴重な判断材料となります。6年生の12月まで通算4~7回実施され、本番が近づくにつれて現実味が増します。合格率は20~80%と幅があり、その数値の変動で一喜一憂する親子がいますが、「注視すべきは、そこだけではありません」と話すのは、本連載でもお馴染みの西村則康先生。実は模試の結果には、苦手克服や得点アップにつながる様々なヒントが隠されているのです。となれば、それを利用しない手はありませんね。模試結果の活かし方をプロに伝授してもらいました!

模試の結果には、今後成績を上げていくためのヒントが隠されている

 受験生の親御さんに伺います。子どもの模試の結果が返ってきたら、真っ先に見るのはどこですか?

 偏差値? それとも、合格可能性のパーセンテージ?

 どちらを先に見るかは分かりませんが、おそらくほとんどの親御さんがこの2つの数値を確認するでしょう。そして、今回は「上がった」「下がった」とこだわってしまうのではないでしょうか。

 「でも、見るべき場所はそこだけではありません。偏差値や合格可能性は結果であって、その数値を見ただけでは、成績を上げていくことはできないからです。模試の後、まず注目すべきところはお子さんが書き込んだ解答や、問題用紙に残されたメモや下線、傍線、そして計算の跡などです。お子さんがどんな問題でどんな間違いをしてしまったのか、その原因は何かを突き詰めていかなければ、次に生かすことはできません」

 西村先生によると、模試の結果から次に生かすべき要素は2つあります。

 ① 今すぐ得点アップにつながる問題を見つける。
 ② 今は解けているけれど、この先忘れてしまいそうなところをチェックしておく。

 詳しく説明しましょう。

 ①は少し気をつければ、得点が取れていたはずの問題です。「計算間違い」「図が描けていなかった」「問題文を読み飛ばしていた」など、テスト終了後、家で親と一緒に振り返ってみると「これは解けたな」と思われるもの。悔しいミスですね。でも、これらはすぐに修正していけば、次の模試では確実に点数アップにつなげていくことができます。「あぁ~、やっちゃった」で終わるのではなく、「次は絶対にミスしないぞ」という気持ちで振り返りましょう。

 また、正解した問題も放置していてはいけません。②は今回は運良く正解できたけれど、この先忘れてしまいそうなやや不安な問題です。今回の模試では「○」だけど、もしかすると入試本番では「×」になってしまうかもしれない……。そう思ってしまうのは、「納得したうえでの理解」まで到達していないから。そこをきちんとクリアしていかなければ、本番で確実に点を取ることができません。分からない状態をそのままにせず、ここでもう一度しっかり復習しておきましょう。

 このように、お子さんの解答には次に生かすべきヒントが隠されているのです。えっ!? 子どもの書いた解答なんて見たことなかった!? 「実はそんな親御さんは多いんです」と西村先生。

 「今の中学受験の問題は、大人でも難しく、問題を見てもさっぱり分からないという親御さんがいます。でも、解説を読めば理解はできると思いますし、何よりお子さんが学習している内容やレベルを知るのはとても大事です。問題の中身も見ずに、ただ数値による結果だけを見て、お子さんの出来を判断してはいけません」

次ページから読める内容

  • 見るべきポイントは、合格最低点まであと何点足りないか?
  • 正答率40~100%の問題で×は痛手。御三家志望なら正答率30%も正解を
  • 11月中旬以降は、模試ではなく過去問でレベルアップを目指す

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む