「受験するなら、小学校から? それとも中学校?」「大学入試改革を控えて、どのタイミングで受験させるのがうちの子にとって一番いいの?」などなど、子どもにとってベストな進路について悩んでいる親は多いはず。様々な選択肢があるからこそ、進路選びは慎重に考えたいもの。うちの子どもに一番合っている進路を考えるときに浮かぶ、ありがちな疑問や不安の数々。噂に惑わされることなく正しい選択をするために、教育の専門家である花まる学習会代表・高濱正伸さん、安田教育研究所代表・安田理さんのお二人からアドバイスをもらった。

【今どきの受験&進学総覧 特集】
(1) 「将来は早慶以上」「留学は必ず」 進路への本音
(2) 小・中・高校受験の特徴 わが子に向いているのは?
(3) 公立は荒れる?私立は同質? ステレオタイプの真偽 ←今回はココ
(4) 受験&留学にかかるマネー新事情 奨学金は使える?
(5) 学歴神話・就活の真実 10年後の進路&稼ぎ力

3年ごとの受験は避けたほうがいい

 アンケートで寄せられた子どもの進路への不安は、様々な分野に及ぶ(※読者のコメント後のカッコ内は子どもの年齢)。「中学受験を考えているが、小学1年生の今から準備しておくべきことはあるのか」(2歳、小1)、「周りに左右されやすいタイプで公立中学では不安」(小3、中学生以上)、「自分自身が私立受験をしていないので、学校選びの仕方が分からない」(2歳、小3)。また、大半の親が教育費への不安を抱えている。加えて、“幼稚園や小学校から私立では金太郎飴のような子どもになる”、“公立中学はヤンキーが多く、学力が身につかないし、教師の質も悪い”というようなステレオタイプにも注意が必要だ。

 「大事なのは、目の前の受験のことだけを考えるのではなく、その子の人生を俯瞰して見てあげること。よりよい学校をと考える親の気持ちは分かりますが、学校で人生が決まると思い込むあまり、中学受験、高校受験、大学受験と3年ごとに受験を繰り返すようなケースもあります。それでは、子ども時代が受験勉強ばかりになってしまって、子どもの負担も大き過ぎる」(安田さん)。

 「どのタイミングで受験をするかは、親の価値観や環境で判断するしかない。ただし、ひとつ言えるのは“受験に成功して終わり”というものではないということ。その先を見据えて、子どもの何を伸ばしてあげたいかを考えることが、進路選択の基準となっていくと思います」(高濱さん)

 様々な判断をしていく中で、長いスパンで子どもの人生を考える視点を持つことこそ、子どもの進路選びの原点。それを踏まえたうえで、多くの人が抱える疑問や不安についてコメントしてもらった。

<次のページからの内容>
・ 理事長・校長、通っている人の話をまず聞く
・ 「最終的に自分が選んだ学校」と思えるか
・ 公立だから教師がダメ、私立は優秀というのは偏見
・ 私立中学は入った後が大事
・ どのタイミングでお金をかけるか

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。