10代・20代で両親が末期がん患者になった経験から予防医療に関心を持ち、以後7年間サンフランシスコやニューヨークの大学・学会等で学んだ細川モモさん。2009年から企業・官公庁等ともコラボレートした女性の健康や美を啓発する活動を続け、特に、先進国の中でも日本が深刻な状況に陥っている低出生体重児と不妊症の予防に力を入れています。夫婦共に母親が他界している環境で、夫は1カ月の育休、起業家である自身も約3カ月の育休を取り、新たな家族の生活の形を日々更新。忙しい共働き生活の中での子育ての喜怒哀楽、家族との時間、日々の食卓(おうちごはん)について等身大の日常をつづります。

 今年4月からの本格的な仕事復帰を通じて、「家を取れば仕事が進まず、仕事を取れば家が荒れる。『どちらも』と欲張ると、健康か夫婦関係が犠牲になる……」と、復帰の喜びの傍ら大きな挫折も味わった数カ月。復帰直後のママが直面しがちな【仕事】【生活】【夫婦関係】【健康】の「4つの立て直し」のうち、今回は3つ目「夫婦関係」について、実体験も交えた原因と対策を考察します。

* 本連載の最後のページには、細川モモさんが産後ママにおすすめする“おうちごはん”メニューがあります。普段の食卓にぜひご活用ください。

関連記事:「細川モモ 夫婦で育休取得、意識がフルモデルチェンジ

★モモさんのおうちごはん
インフルエンザの感染リスクを減らす「きのこMIX」はこちら

 親となって迎えた初めての夏休みが終わり、プールデビューやディズニーランドデビューなど、楽しい思い出がたくさんできました。が! 何といってもこの夏は大流行した手足口病に娘が感染し、そののち夫に感染するという“戦慄の夏休み”でもありました……。

 前号では本格復帰後の苦悩をありのままにつづり、1000を超えるFacebookの「いいね!」数と共感の声をあちこちからいただきました。今回は、復帰後に待ち構える「4つの立て直し」のうち「夫婦関係」についてつづりたいと思います。

【4つの立て直し:夫婦関係編】7割の夫婦が産後「仲が悪くなった」と回答

 先日育児雑誌を読んでいて、ある特集に目がくぎ付けになりました。その衝撃的なタイトルは、「出産後に夫婦仲が悪くなったと感じる夫婦が7割」というもの。7割なんて、ほとんどじゃん!と思わずその雑誌にかぶりつくように熟読しました。

 でも、そうなのです!……そうなのですよ。「産後クライシス」なる言葉があるように、産後の夫婦関係もまさに立て直し。出産前はけんかをしたことがなかった私たち夫婦も、産後たった1年で大小様々な衝突がありました。「4つの立て直し」のうち、他3つは自分(一人称)主体で立て直すものですが、夫婦関係だけは二人称も加わるため、最も容易ではないといえます。

 夫婦2人だけで生活をしていたときには、何というか、「取り繕いようのない、人間の底をさらけ出すような、一切の余裕がない状況」に追い込まれることってめったにないと思うのです。むしろ、基本的には好き同士の間柄ですから、思いやりだったり、いたわり合いだったり、愛を感じる瞬間が多少なりともありますよね。

 ところが、まず出産中に夫がどこまで献身的に支えてくれたかで、一生ものの恨みつらみが芽生えてしまうことも少なくありません。だって、息も絶え絶えになりながら「もう絶対に無理!」なんて涙ながらに叫ぶ機会が人生にそうあるでしょうか? ママたちときたら、出産時の壮絶なエピソードについては「忘れちゃった〜」なんてテヘペロ顔で言うのに、そのとき夫がどうしていたかについてはつぶさに覚えていて、饒舌にしゃべり倒すのですから。何度聞いても産前産後の恨みは恐ろしいものです。

1歳を目前に娘の成長スパーク到来! 身長が平均曲線を飛び出ました
1歳を目前に娘の成長スパーク到来! 身長が平均曲線を飛び出ました

次ページから読める内容

  • 出産後は“愛の試練”の連続! 
  • 試行錯誤の末に行き着いた《3つの対策》

     ありがたいことに、現在わが家の夫婦関係は良好なほうです。でも、今に落ち着くまでには度重なる壁に遭遇し、試行錯誤をひたすらに繰り返してきました。私たち夫婦の場合、功を奏したポイントは以下3点かと思います。

    (1)子育てに関するあらゆることで、「経験」の共有を徹底

     激動の1年を振り返っての教訓は、「1000の文句を言うよりも1度経験してもらう」が私たち夫婦が最もストレスを抱えずに済む方法でした。具体的にいうと、私の中では“キッチンは女の聖域”的な古い考えがあり、料理は私の担当です。ですが、それゆえに夫が何気なく空き缶を置く位置が動線を思いっきり侵害していたり、足元の何とも邪魔なところに、物が置いてあったりするのです。「ここに置かないで」と一言言えば済むのですが、夫が代わりに置き替えた場所はこれまた邪魔!ということも少なくない。そこで、夫にも何度か料理をお願いする。そうすると100回文句を言い続けるよりも、自分自身で経験から効率の良い動線を意識できるようになります。

     子育ても同じで、あえてワンオペや寝かしつけ、小児科などに行ってもらうことで、何かをする際に何を準備すればいいのか、どんなイレギュラーなことが起こるのかが互いに分かっているため、私が準備し忘れても主人がさっと着替えやマグ、おやつなどを準備してくれます。最初は良い妻、良い母であろうとして、何かと自分一人で完結させていたのですが、結果としてイラッとすることが多かったので、夫も巻き込むことで衝突することがぐっと減りました。

    (2)一人で抱えて爆発する前に「見える化」の徹底

     最新のけんかのテーマは、《管理の分担》でした。私たち夫婦はともに特殊な仕事をしている(夫は、交響楽団の演奏家)ことから、日々異なる仕事のスケジュール管理やそれに伴う勉強・練習など、自己管理せねばならないことを多く抱えています。そこに家の備品・預金・保険・衣食の管理があり、娘が生まれてからは娘のことがどっさり降りかかり、自治体や保育園などから受け取る書類と家のもろもろの書類など、ペーパー類の管理だけでも一苦労。

     加えて、家の中も日々増え続ける物に対処して収納スペースを増やしたり、整理整頓が定期的に必須になります。「収納棚の採寸しなきゃ」「ファーストシューズ作りに行かなきゃ」「健診に行かなきゃ」「秋冬物買い足さなきゃ」という“脳内なきゃなきゃ合戦”で、脳が休む暇が全くなく、お風呂でもベッドでも考えごと。夫はこのあたりは無頓着なのですが、その不公平感に私が爆発しました。

     良くいえば尊重、悪く言えば人任せ。そんな状況を振り返り、①事前に分かっている娘の予定は共有カレンダーでシェア ②ハロウィーンの衣装準備や保育園への提出物など“娘のやることリスト”はホワイトボードでシェアといった形で、「見える化」を徹底したことで主人が期日をリマインドしてくれたり必要な書類の対応をしてくれたりと、ためて爆発することが減りました。

    (3)「夫婦時間」と「家族の日」をつくる

  • ビタミンD豊富でインフルエンザ予防に! 秋尽くしのきのこMIX

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。