DUALおでかけサポート 2017年9月14日発行

 芸術の秋にピッタリな親子で楽しめるミュージアムを、この週末に行けるおでかけ情報と併せてお届けします。
 各スポットやイベントには、子どもが利用・参加可能な年齢を【乳児】【幼児】【小学生】で表しています。

<目次>

【1】乳幼児も楽しめるミュージアム5選! 五感で鑑賞(首都圏・関西のイベント先取り情報)
 ● ギャラリーTOM【東京・渋谷区】
 ● 横浜美術館【横浜市・西区】
 ● 彫刻の森美術館【神奈川・箱根町】
 ● アンデルセン公園子ども美術館【千葉・船橋市】
 ● 宝塚市立手塚治虫記念館【兵庫・宝塚市】

【2】9月16日(土)~18日(月・祝)に行ける親子おでかけ場所(首都圏・関西)
 ● 禅染から手裏剣体験まで!? 日本の伝統文化に触れる【東京・台東区】
 ● 生態から人との関わりまで「うなぎ」の謎を知る【東京・江戸川区】
 ◇その他3本

【1】乳幼児も楽しめるミュージアム5選! 五感で鑑賞(首都圏・関西のイベント先取り情報)

 スポーツ、食欲、芸術といろんな「秋」がありますが、今回は芸術の秋にピッタリなミュージアムを紹介します。「展示物に触ってしまったらどうしよう…」「おとなしくしてくれるかな…」など、小さな子どもがいると、足を運ぶことをためらう家庭も多いと思いますが、ここで紹介する、作品に触れて、遊んで、体験して芸術品を鑑賞するミュージアムなら大丈夫! 子どもが興味を持ったものに寄り添い、作品を見て感じたことを親子で話合ってみては?

DUALチェック!

 都内からのアクセスの良い神奈川・箱根町にある「彫刻の森美術館」は、自然の中に美術品が設置されている青空美術館。美術品の中に入ったり、遊んだりすることで芸術への興味を深められます。「陶芸のアトリエ」や「織のアトリエ」など、様々な分野の芸術を体験できる8つのアトリエを持つ千葉・船橋市の「アンデルセン公園子ども美術館」は、各アトリエで行われる毎月違うプログラムも人気です。
 その他の美術館も、五感を使って鑑賞するミュージアムばかり。おむつ替えスペースがあったり、ベビーカーや抱っこひもの貸し出しがあったりなど、乳幼児向けに配慮されたミュージアムもあります。子どもと一緒だからこそできる発見をしてみてください。

 首都圏・関西の幼児も楽しめるミュージアムは、次の通りです。

次ページから読める内容

  • 9月16日(土)~18日(月・祝)に行ける親子おでかけ場所(首都圏・関西)
  • DUAL有料会員限定のページでお得な共働き応援クーポンをゲット!

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る