前回記事「中学受験 6年の夏は現時点の力の見極めが肝心」では、半年後に受験本番が控える6年生の夏の対策について、本連載でおなじみの西村則康先生にお聞きしました。6年生の夏ともなると、さすがにどんな子でも「頑張らなきゃ!」と受験に気持ちが向かいますが、5年生のうちはまだピンとこないかもしれませんね。ところが、「実は中学受験で一番大変なのは、5年生の夏休みなんですよ」と西村先生。それはどういうことなのでしょうか? 詳しく聞いてみました。

比・割合・場合の数・規則性 5年の夏休みは重要単元のオンパレード

 多くの塾の場合、5年生の夏期講習は復習が中心になります。そのため、現時点で苦手単元がある子は、この休みを利用して克服するチャンス。ここでしっかり定着させ、秋から好スタートを切れるようにしましょう。

 「しかし、難関校狙いの子が多く通うSAPIXだけは事情が違います」と西村先生。

 「SAPIXの夏休みの講習は、復習ではなく先に進むからです。特に算数は、入試に頻出する重要単元である『比と割合』『場合の数』『規則性』が登場するので、一日たりとも手を抜くことができません」

 西村先生はこうアドバイスします。

 「SAPIXの夏期講習では、受験算数で最も重要単元となる『比と割合』を3回にわたって学習します。毎回新しいことを習い、積み上げ方式で理解を深めていくので、前の授業の内容が“分からない状態”だと、次の授業も理解するのは困難でしょう。一つでも苦手を作らないことを目標に取り組みましょう。少なくとも、比例式の計算は予習しておくことをおすすめします」

 「『規則性』は4年生でも学習していますが、5年生の夏に学習する内容は難易度が上がります。そのため、4年生で苦手なままにしておくと、授業についていくことができません。講習を受ける前に、まずは4年生の内容を振り返っておきましょう」

 「6年生になると、『規則性』はさらに難化します。5年生の夏の段階できちんと理解できなければ、6年生ではとても太刀打ちできません。つまり、ここで絶対に苦手にしないことが大事なのです」

※ 日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』で情報収集を!

人気の書籍『中学受験 基本のキ![新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけれど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報が満載です。併願パターンは74校の学校が登場する充実ぶりです。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関するを情報を、基本から応用まで幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページから読める内容

  • 5年生になったら「なぜそうなるのか?」を考えながら知識を定着させる
  • 夏休みの最大の課題は授業で習ったことはその日のうちに復習すること
  • 塾の拘束時間がまだ少ない5年生の夏に苦手を克服しておこう

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る