急に思い立ち、「次の週末の朝、早起きしてうどんを打とう!」と提案してみた父・小栗雅裕さん。迷惑そうな顔をするかと思いきや、息子たち(24歳、18歳)は無類の麺好き、うどん好きだけあって、「打ちたて、ゆでたてのうどんを朝ごはんに食べたら最高だよ」と畳み掛けたところ「いいよ、面白そうだし」と乗ってくれました。そんなわけで、今回は気持ちのいい朝の光の中で、粉まみれになりながらの“次男クンと手打ちうどんに挑戦”の巻です。

讃岐うどんの思い出に決着をつけるのだ

 家族全員、うどんが好きだ。冷凍庫には冷凍うどんを常備している。こだわりの乾麺もある。お昼ごはんとして軽くいただいたり、鍋の〆にと、週3日くらいうどんを食べている。でも、うどんを打ったことはなかった。自分で打ったら、うまいだろうなと思いながらも手軽さに流されていた。料理愛好家としては反省だなぁ。

 うどんといえば讃岐うどんだが、悲しい思い出がある。

 8年ほど前にバイクで四国を走った。フェリーで徳島から入り、キャンプをしながらぐるりと四国四県を回った。最終日、掉尾を飾るのは丸亀市や坂出市の有名うどん店巡りと決めていた。ところが、情報収集ミスで軒並み、売り切れじまいか定休日だったのだ。行く先々で看板がしまわれる瞬間に出合うというあり得ないほどの、うどん運のなさ。そのたびに増大する空腹感も相まって、まさに悲劇そのものだった。

 泣く泣く瀬戸大橋のパーキングエリアで打ちひしがれながら、フードコートの片隅で名ばかりの讃岐うどんをすすりこんだ。むろん思い描いていた感動はなく、普通のうどんだったことで悲劇感はいや増した。(※現在はセルフ形式の讃岐うどん店「架け橋 夢うどん」があるそうだ)

 「父ちゃんはそんな悲しい思い出に打ち勝つためにも、うどんを打たねばならないのだ」と、息子たちに宣言して、うどん打ちに取り掛かった。

漫画「うどん打ちは力じゃないよ、愛だよ、愛」(筆/長男の漫画家・小栗千隼)
漫画「うどん打ちは力じゃないよ、愛だよ、愛」(筆/長男の漫画家・小栗千隼)

次ページから読める内容

  • ソウルフードの「ころ」うどんを作る
  • うどん作りは初めてでも失敗しないのだ

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。