本をどのように読めばいいのか、年齢ごとにどんな本が適しているのか、どうやって選べばいいのかなどを、専門家におすすめの本の紹介とともに解説してもらう特集「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊!」。今回は、絵本心理学者で鳴門教育大学名誉教授の佐々木宏子さんと、絵本情報・通販サイト「絵本ナビ」の代表取締役社長、金柿秀幸さんに、0歳児の赤ちゃんと、1~2歳児向けにそれぞれ10冊ずつ選書してもらった。

まだ言葉を理解できない赤ちゃんにはどんな本が、少しずつ物語を理解できるようになる1~2歳児にはどんな絵本が適しているのだろうか。

【頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊!】
第1回 平田オリザ 世界への興味は読書から始まった
第2回 子どもの「絵本読んで」は“こっち向いて”のサイン
第3回 絵本心理学者、絵本ナビおすすめ「0~2歳向け絵本」 ←今回はココ
第4回 小学生になるまでに読み聞かせたい絵本・児童書
第5回 読書苦手な小学生は“見る”“わかる”の間にいる
第6回 読書が苦手なら中学生でも小1まで遡る
第7回 低学年、中学年、高学年のうちに読みたい30冊
第8回 英語絵本15選! 読めば読むほど読解力が上がる
第9回 DUAL編集部 読み聞かせテクニック&おすすめ本

【0歳】リズミカルな絵本が人気(佐々木さん)

 いないいないばあ
 文/松谷みよ子 絵/瀬川康男 童心社

 0歳児はもちろん言葉を理解できないため、必然的に物語性よりも、リズム感や言葉の音の面白さが重要になってくる。佐々木さんが「赤ちゃん絵本の原点」と評するのは『いないいないばあ』だ。猫やくま、ネズミなどの動物が次々に「いない、いない、ばあ」と繰り返す。発売から50年が経つが、累計600万部を超える、日本で最も売れている絵本だ(トーハンミリオンぶっく2015年版調べ)。「日本の伝統的な手遊びである“いないいないばあ”遊びを家庭に復活させた絵本。絵本を読んだら、ぜひ親子間でもいないいないばあをして遊んでほしいですね」。


 だるまさんが
 かがくいひろし ブロンズ新社

 「だ・る・ま・さ・ん・が…」というリズミカルな文章にのってページをめくると、びろーんと伸びたり、ぷしゅーっとしぼんだり。佐々木さんが「赤ちゃんを膝に乗せて、だるまさんと一緒にリズムに合わせて揺れながら読んでほしい」と語るのは『だるまさんが』。3冊のシリーズとなっており、こちらも累計で400万部を超える大ベストセラーだ。「なんといっても、だるまさんの豊かな表情の変化がユーモラスで楽しい。だるまさんがこけたら一緒になってこけたりして、親子で実際に動きを再現しながら楽しんでほしいですね」。


 もこ もこもこ
 文/谷川俊太郎 絵/元永定正 文研出版

 詩人の谷川俊太郎さんが文を書いた異色の絵本。地面の一部が「もこ」と盛り上がり、「もこもこ」「にょき」と様々に形を変えていく。「オノマトペ(擬音語・擬態語)絵本の代表作。オノマトペとは日本語独特の表現で、いわば音と言葉の中間のようなもの。日本語の音の豊かさを体現した絵本だと思います」と佐々木さん。正直、大人が読むと多くの人は「?」となりそうなシュールな本だが、多くの赤ちゃんは親が驚くほど興奮するようだ。


 ぴょーん
 まつおかたつひで ポプラ社

 カエルや子猫、犬がページをめくるごとに「ぴょーん」とジャンプ! 「『いないいないばあ』と同様、緊張と弛緩の繰り返しが赤ちゃんの心をひき付けます。ぴょーんのたびに赤ちゃんを持ち上げてあげると、大喜びする赤ちゃんは多いですね」と佐々木さん。こちらも、リズムに合わせて動きながら読むと楽しい赤ちゃん絵本だ。かたつむりが跳び上がろうとして…というオチも楽しいので、実際に演じながら読んでみてほしい。


 ぽんぽんポコポコ
 長谷川義史 金の星社

 「ぽんぽんポコポコ」と言いながら様々な動物がおなかをたたくという絵本。「赤ちゃんでも可能なジェスチャーを巧みに取り入れた絵本です。読みながら一緒に赤ちゃんのおなかをぽんぽんとすると、自然な笑いが広がります」(佐々木さん)。長谷川義史さんのユーモラスな絵も魅力的だ。最後は「ぽんぽんないない」と大事なおなかをそっとしまおう。

<次ページからの内容>
・0歳児、1~2歳児向けおすすめ絵本リスト公開!
・0歳児はスキンシップしながら読みたい
・1~2歳児は物語性や仕掛けを楽しめる
・枠にとらわれない自由な発想の絵本が魅力

次ページから読める内容

  • 【0歳】スキンシップしながら読みたい(金柿さん)
  • 【1~2歳】シンプルな物語が楽しい(佐々木さん)
  • 【1~2歳】枠にとらわれない絵本を(金柿さん)

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。