小学生になり、体育の授業が始まると、運動が得意な子、苦手な子がはっきりしてきます。すると、何となく体育が楽しくないと感じてしまうことも。できれば、嫌いな科目は作りたくないですね。そこで、こども体育教育専門家の野村朋子さんに運動が苦手な子への処方箋を聞いてみました。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ】
(1) 宿題が遅い子にはタイマーをプレゼントして
(2) 忘れ物はランドセルと机の「見える化」でなくせる
(3) スポーツ習い事、3年までは無理に競技を絞らない
(4) 体育が嫌いな子に必要なのは「練習のクセ」 ←今回はココ

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

 

周囲の影響で苦手と思い込んでいる子が多い

 保育園のときは体を動かすのが好きだったはずなのに、小学生になると体育が嫌いという子どもが出てきます。なぜなのでしょうか。前回に引き続き、「ナチュラルキッズスマイル」を主宰するこども体育教育専門家の野村朋子さんにお聞きしました。

 低学年で体育が嫌いな子は、知らず知らずのうちに自分は運動が苦手と思い込んでいます。それというのも、周囲の大人が『あの子のほうが足が速いね』とか、『あなたはボールが苦手だね』などと何気なく言った言葉を聞いているから。『私は苦手なんだ』という気持ちに染まってしまっているのです。苦手と思い込んでいるので、『どうせやっても駄目だ』とすぐに諦めてしまいます

簡単なことをできるまで練習して、できるサイクルを作ろう

 「でも、実際は苦手なのではなく、できるところまでやったことがないだけです。ちょっと試しただけでやめてしまったり、直前までできていたのに諦めてしまったりしたために、できないと思っているのです。公立小学校の体育は、楽しく体を動かすことが根本にあるので、反復練習をすればほとんどの子どもができる内容です。一度でもできるところまで続けることができれば、『練習すればうまくいく』というサイクルが子どもの中にできて、『苦手』の意識は消えていきます

 「デキる子どもと比較するとヘコんでしまうのが親心というものです。しかし、縄跳びや鉄棒が得意な子の多くは保育園や幼稚園で、たくさん練習してきているのです。自分の子どもは練習がまだ足りていないだけ。特に3月生まれの子は4月生まれの子とは約1年の差があるわけです。早生まれゆえの差が感じられなくなるのは10歳くらいになってからです。今できない子には伸びしろがまだまだあります。子どもには『これからできるようになる楽しみが残っている』と話して、親子で楽しみながら習得していきましょう」

<次ページからの内容>
・ お手本の見方が大事。運動を習得する流れを教えてあげよう
・ 「練習のクセ」があると中学・高校で差がつく
・ 親は先生にならないで
・ 教室でできるようになったことを家庭で反復する
・ 練習を見られるのを嫌がる子には個人レッスン

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。