仕事と妊婦ライフの両立は、何かとストレスがたまります。初めての妊娠の場合、すべてが未知の経験なので右往左往しがち。2人目以降の妊娠の場合、上の子の育児という「お休みのない仕事」も加わります。どんなふうに大変だった? ストレスをうまく逃がすためにはどうしたらよい? 読者アンケートに寄せられた先輩ママからのアドバイスや、専門家の助言を紹介します。

【妊娠~職場復帰ママ・パパ】
(1)職場でどうする? 妊娠中のつわり、冷え、プチ不調
(2)働く妊婦の大敵、ストレスはこう逃がす ←今回はココ!
(3)産後の体形戻し 目標は「産前よりもきれいに」
(4)産後の体形戻しの敵は、よくない食べグセ

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

 妊婦にストレスはよくないと分かっていても、働いていたらストレスはつきものです。何もかもが初めての経験の1人目妊娠、上の子の育児も休めない2人目以降の妊娠。いずれにしても妊娠中は、自分の体調、仕事、家事などで思うようにならないことが増えます

 日経DUALが今年4月に実施した読者アンケート(回答者数235人)には、先輩ママたちから、切実な“ストレス経験談”がたくさん寄せられました。

「力仕事は積極的に他の人にお願いしたが、デスクワークの部分では気遣いの言葉はかけてもらえたものの仕事量はあまり減らず、つわりで仕事がはかどらずストレスを感じていた」

「仕事が終わらず、土日連続出社して乗り切ろうとしましたが、すぐに体調を崩しました。妊娠中は抵抗力も弱くなっているため、無理をするとすぐにガタがきます」

「上の子のお迎えに行って、お風呂、ごはん、寝かしつけと1人でやっていたので本当につらかった。妊娠中期の冬に副鼻腔炎になり、抗生剤が飲めず2カ月くらい地獄だった。なんとか通っていた職場でも仕事のパフォーマンスが落ちたと叱責され、気持ちもかなり落ち込んだ。解決方法は、寝る時間とグチを言う相手を確保するしかない」

「妊娠のせいなのかイライラしがちだった気がします。上の子どもを急かすようなことばかり言っていて、子どもがストレスを感じ、一度、涙をたくさんためて『ママ怒らないで。もう僕嫌いになっちゃうよ』と絞り出すように言われたときに、かなりこたえました」

「家に帰ると気が抜けるのか、だるくてすぐ横になってしまい、上の子どもにあまり構ってあげられませんでした。『残業はできるのに子どもの世話はできないなんて』と自分を責め、つらかったです」

 では、先輩ママの経験談(読者アンケートより)からストレスをなるべくためない工夫を見ていきましょう。

<次ページからの内容>
 ・自分にしかできないことって何?
 ・頭を下げることで得られる援助
 ・お金で解決できること、できないこと
 ・とにかくやらなくても死なないことは省略
 ・結婚してすぐ仕込んでおけば……

次ページから読める内容

  • 「お互いさまの関係づくりをしておくことが大切」
  • 結婚してすぐから仕込んでおけば……
  • 思いつくままストレス要因を書き出してみよう

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る