不正咬合の代表的な種類を知っておきましょう

 歯並びには、顎の形、輪郭などのもともとの骨格の個性が関係することもあります。だからといって「親の輪郭に似ているから仕方がない」と諦めていいものでもありません。当然ですが、歯並びも体の成長とともに変化していきます。その段階に合った矯正の方法もあります。また、乳幼児期の矯正は、器具を装着したり抜歯したりといった方法をとるとは限りません。専門機関に早めに相談することで、負担の少ない方法で歯並びをよくしていく方法を見つけられることもあります。

 そこで、不正咬合(歯並びが悪いためにかみ合わせが悪い状態)の代表的ないくつかの種類を見てみましょう。

交叉咬合(こうさこうごう)
上下の奥歯が横にずれているかみ合わせで、上下の前歯の中心線もずれている。クロスバイトとも言う。奥歯がずれているとすり潰すことができなくて、顎関節にも影響が出る。

叢生(そうせい)
八重歯、乱杭歯とも呼ばれる。歯が1列に並びきれず、歯茎に対して前後にデコボコになっているかみ合わせの悪い状態。乳歯のころから歯が前後にずれて生えているような場合には、早めに相談をしたほうがよい。

過蓋咬合(かがいこうごう)
上の前歯が下の前歯に深くかぶさっているかみ合わせ。奥歯でものをすり潰すことができないケースとなると、矯正する必要も出てくる。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる出っ歯。上の前歯や上顎が前へ突き出しているかみ合わせの状態。開咬と同じく舌の動きの癖がある場合が多く、指しゃぶりが原因のことも。早めに癖を治す指導を受けることが大切。

開咬(かいこう)
奥歯はしっかりかんでいるけれど、上下の前歯の間に隙間が空いているかみ合わせ。オープンバイトとも言う。舌を前歯の裏側に押しつける癖が原因になることが多く、早めに癖を治す指導を受けることが大切。

反対咬合(はんたいこうごう)
受け口とも呼ばれ、下の前歯が上の前歯より前に出ているかみ合わせ。赤ちゃん時代は分からなくても、成長とともに表われてくる場合もある。

 他にも空隙歯列(くうげきしれつ)=すきっ歯や、上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)といって前歯が上下ともに前に突き出しているかみ合わせなどもあります。

 確かに歯並びは骨格によって個人差があります。遺伝的な要素もゼロではありませんが、それだけでは歯並びは確定しません。体と心への影響を、ママ・パパ自身がよく分かったうえで、健康な歯並びに育ててあげたいですね。

 「うちの子、歯並びがよくないかも」と思ったら、まずは歯科で相談するのが一番です。そして、むし歯にしないために、まずは歯みがきを丁寧にしてあげましょう。