親以外にヘルプを頼んだほうが精神衛生上いい場合も

―― 仕事に子育てに、ストレスフルな生活で依存に走らないためには。

松本 アルコールの量はここまでとか、1週間のうち2日間は飲まないとか、ルールを作りましょう。とにかく、そうだよねーと言ってくれるサポーターを増やしてください。子育て中、実の親に相談すると、『それが母親というもの』とダメ出しされ、孫には甘くて気が滅入ると聞きます。お金は要りますが、親以外にヘルプを頼んだほうが精神衛生上はいいですね。ため込まずに愚痴って、たくさんの人に依存しましょう。ダメ出しする人からは離れてください。

 ママ友との人間関係こそ、メンタルヘルスを脅かすものでもあるのです。ママ友は友達ではないと認識し、子どもを介さない友達を。そしてパパもママも、自分1人の時間を交代に作りましょう。母や父という役割から離れる時間が必要です。そして完璧を目指さず、居直る。いい仕事をしている人を見ると、図々しくなることは必要なスキルと分かります。子育て中は、同性の友達と疎遠になりがちですが、大事にしてほしいですね。年を重ねて大事な存在になりますから。

 SNSにははまりすぎないように。安心できる人とだけ付き合う。リアルではない人間関係なので、割合が大きくなってしまうとよくないです。リアルな人間関係が得意でない人は、ネット上でもトラブル回避のテクニックが分からない。スマホへの依存が気になる人は、見る回数を決めてみてください。


母や父という役割から離れる時間が必要