妊娠したら様々な変化が体に表れます。産後に跡が残る「妊娠線」が心配という人は少なくないでしょう。妊娠線はどうしてできるの? 予防する方法はあるの? 専門家に聞いてみました。

【年齢別特集 妊娠~職場復帰ママ・パパ】
(1)「妊娠線」を予防したいなら体重に気を付けて ←今回はココ
(2)産後の復活も楽になる マタニティビクス・ヨガ
(3)2人目妊娠中、上の子の抱っこ&自転車どうしてた?
(4)2人目妊娠が分かったら、職場でこうして交渉する

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

予防する完璧な方法はない

 「『妊娠線ができたら嫌なんですが、どうしたらいいですか』と患者さんに聞かれることはよくあります」と育良クリニック(東京・目黒区)の産婦人科医、篠倉千早さん。

育良クリニック(東京・目黒区)の産婦人科医、篠倉千早さん
育良クリニック(東京・目黒区)の産婦人科医、篠倉千早さん

 妊娠線とは、妊娠中におなかなどの皮膚に出る赤紫色の線のこと。個人差はありますが、お腹が大きくなり始める6カ月以降から出産直前までできる可能性があります。できたからといって赤ちゃんや母体の健康に影響が出るわけではなく、見た目の問題だけなので「子どもを産んだ勲章」などとも言われますが、できれば出ないように予防したいという人は多いでしょう。

 予防する方法はあるのでしょうか。「残念ながら『こうすれば絶対に予防できる』という完璧な方法はないと言われています」と篠倉さん。

 「妊娠線は、出る人もいますし、出ない人もいます。できてしまう人はできてしまうので、気にし過ぎないようにとお伝えしていますが、皮膚に跡が残るのは嫌だという気持ちもとてもよく分かります。予防を期待できる方法として『体重管理しましょう』とアドバイスしています」(篠倉さん)

 なぜ体重管理が大事なのでしょう。妊娠線ができるメカニズムを知れば答えが分かります。

<次ページからの内容>
・急激な伸びについていけず裂ける
・できやすいのはどの部分?
・徐々に体重を増やすことが大切
・おなかがかゆい場合は
・できやすい人ってどんな人
・妊娠線を予防するクリームは効くの?

次ページから読める内容

  • 急激な伸びについていけず裂ける
  • できやすいのはどの部分?
  • こんな人ができやすい
  • 妊娠線予防のクリームは効くの?
  • できたら治す方法はあるの?

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。