子どもが欲しいけれどなかなか妊娠しない。妊娠中だけど忙しいせいか体重があまり増えない。DUAL読者の妊活・妊娠世代にはそんなトラブルに悩む女性が増えています。実は妊活や妊娠と「食生活」は深く関わっています。そこで今特集では「食」について専門家のアドバイスを紹介します。まずは、妊活と「食」の関係について、不妊症の予防について研究をしている細川モモさんにお話を伺いました。

【妊娠~職場復帰ママ・パパ向け/まずは食を整える】
(1) やせが多い日本女性 BMI19未満は妊活の脅威 ←今回はココ!
(2) 子の体と脳、産後の健康まで影響する妊娠中の食
(3) 葉酸は3倍以上必要に サプリ併用でトラブル予防
(4) 「小さく産む」は時代遅れ 妊娠・出産のウソホント

  子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

不妊治療の成功率が低い日本。背景には「やせ過ぎ」と「栄養失調」がある

細川モモさん/予防医療コンサルタント/母子健康コーディネーター/一般社団法人ラブテリ代表理事。予防医療の中でも日本が手薄である母子健康向上のため、2009年から企業・大学・官公庁等とコラボレートした健康や妊娠・出産に関する研究をコーディネーターとして複数手がけ、学会・論文発表を精力的に行う。2014年から三菱地所とともに働く女性の健康をサポートするための場として「まるのうち保健室」を立ち上げ、日本初となる「働き女子1000名白書」をまとめ、厚生労働省主催のデータヘルス見本市にて“健康づくりのプロ”として登壇する。2016年9月に女児を出産。<a href=「細川モモ 夫婦で育休取得、意識がフルモデルチェンジ」では1カ月の育休を取った夫との連携や今後の展望について語った">
細川モモさん/予防医療コンサルタント/母子健康コーディネーター/一般社団法人ラブテリ代表理事。予防医療の中でも日本が手薄である母子健康向上のため、2009年から企業・大学・官公庁等とコラボレートした健康や妊娠・出産に関する研究をコーディネーターとして複数手がけ、学会・論文発表を精力的に行う。2014年から三菱地所とともに働く女性の健康をサポートするための場として「まるのうち保健室」を立ち上げ、日本初となる「働き女子1000名白書」をまとめ、厚生労働省主催のデータヘルス見本市にて“健康づくりのプロ”として登壇する。2016年9月に女児を出産。「細川モモ 夫婦で育休取得、意識がフルモデルチェンジ」では1カ月の育休を取った夫との連携や今後の展望について語った

 「日本は世界で最も体外受精が行われている国でありながら、治療成績は世界で最下位から3番目であることがICMRAT(国際生殖補助医療監視委員会)のまとめによって明らかになっています。それだけ日本の女性は妊娠が難しい現状があります」とお話を始めた細川さん。それはショックな現実ですね。理由は何なのでしょうか。「高齢出産など、要素はいくつかありますが、ひとつには日本の妊娠適齢期の女性はやせ過ぎと栄養失調がかなりひどいのです。さらに血糖値が上がるものは多く食べているのに、野菜をあまり食べていません」。確かに忙しいDUAL世代は、子どもの食事には気を付けるけれど、自分の食事にはあまり気を配れていないかもしれません。

 「日本の妊娠適齢期世代の女性は『やせ型』が多く、BMIも平均18.7と低い人が多いのですが、妊娠するために推奨されるBMIは20~24です」と細川さん。BMIとはWHOが定めた肥満の国際基準です。「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求められます。

 「妊娠にとって、やせ過ぎていいことは何もありません。私たちの調査では、働く女性は1日に1479kcalキロカロリーしか取っていません。これは、70代の高齢者以下であり、終戦直後より低い数値です。朝食を抜かずに1日1800キロカロリーはきちんと食べて、月経・排卵・妊娠に影響するBMI、体重、体脂肪を標準ラインにとどめましょう。食事内容を見直すことから妊活はスタートします」

<次ページからの内容>
・ 不妊治療の成功率が低い日本。背景には「やせ過ぎ」と「栄養失調」がある
・ ビタミンDは妊娠のビタミン。不足すると妊娠率が下がる
・ もっと魚を! 朝じゃけは妊活に最適の献立
・ 貧血は妊活中に解消を。健康診断では「フェリチン」も測定

次ページから読める内容

  • 20代なのに卵巣年齢が40代の人はやせ型が多い
  • ビタミンDは妊娠のビタミン。不足すると妊娠率が下がる
  • 妊娠後期にビタミンDが不足すると骨の弱い赤ちゃんになる
  • 活性酸素は妊活の敵。魚のDHA・EPAが妊娠の可能性を高める
  • もっと魚を! 朝じゃけは妊活に最適の献立
  • 2種類の油に注意。ポテチ&市販揚げ物とショートニングはNG
  • 妊娠後では鉄分の補給が追い付かない。貧血は妊活中に解消を。
  • 健康診断では「フェリチン」も測定
  • 鉄を貯蔵しておくと産後の育児もうまくいく
  • 血糖値が高いと妊娠しづらい。砂糖不使用で栄養があるものを
  • 「料理ができる」ことは妊活成功と家族の健康につながる

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。