小学校での英語必修化や2020年の東京オリンピック開催決定などを追い風に、ますます注目が集まる子どもの英語教育。「英語を習得する前にまず日本語から」「他の習い事で忙しく、英語を学ぶ時間まで取れない」という人も、近い将来英語を学ぶ日のために、子どもが異国の文化に触れたり、自国以外の言葉でコミュニケーションを取る喜びを体感したりする機会は与えたいという人も多いでしょう。
 特集の第3回は、前回に続き「オンライン英会話」の超リアル実践リポートをお届けします! 今回登場するのは、オンライン英会話に約1年で挫折したものの、このたび再開して挫折ポイントの改善に取り組んだ7歳女の子のママです。

【春から親子で英語学習スタート!特集】
第1回 大手からネットまで英語教室分析 タイプ別長所短所
第2回 オンライン英会話教室 挫折せず親子で長続きの秘訣
第3回 多忙ママがネット英会話挑戦 復習と講師選びにコツ ←今回はココ
第4回 小学生放課後 英語学童・アフタースクールの選び方
第5回 ビジネス英会話 通い続けられる教室選びポイント

★ライターIの英語力
英会話初心者。大学受験をピークに、英文法、単語、熟語はほとんど勉強しないまま社会人に。相手が言っていることは大体理解できるが、とっさのひと言が英語で言えず、常にもどかしい気持ちを抱えている。

2020年東京開催のオリンピックを目指し英語を再開!今度は挫折なし?

 英語を話せる友人・知人がたくさんいるなか、私の英会話力はお恥ずかしながら初級レベル。大学受験まではそれなりに勉強していたので、相手が何を言っているかは大体理解できるのですが、言いたいことが英語で出てこない! 外国人にいきなり道を聞かれてもとっさのひと言が出ず、もどかしい思いをしたこともしばしば。

 実は、東京オリンピック開催が決まったのを機に「英語を使ってボランティアをしてみたい」と考え、2015年1月からオンライン英会話レアジョブで英会話レッスンに挑戦しました。しかし、今すぐ勉強しないと仕事に困るわけでもなく、モチベーションは徐々に低下。結局、毎日レッスンを受けるはずが、週に2回、月に2回と予約回数が減っていき、約1年で挫折してしまったのです。

 そして、あっという間に2017年…。ぐずぐずしていたら、すぐにオリンピックイヤーになってしまいます。「今年こそ、本気で英会話の勉強をするぞ!」と年始に自分を奮い立たせ、2月からレアジョブで英会話レッスンを再開しました。

 というわけで、前置きが長くなりましたが、過去に挫折したポイントを今回どう改善したのかも含め、次ページより実践レポートをお送りします!

<次のページからの内容>
・ 授業1回339円の最強コスパ&カウンセリング付きコースを選択
・ 「講師を検索するコツ」を実践、ぴったりの講師に巡り合えた!
・ レアジョブHPにある初心者向けテキストの活用法を知り、すっきり
・ 仕事や育児のすき間時間に英語学習ができない人は「レッスン内で復習」
・ 外国人とも堂々と会話。娘「ママ、英語話せるんだね!」

次ページから読める内容

  • 授業1回339円の最強コスパ&カウンセリング付きコースを選択
  • 「講師を検索するコツ」を実践、ぴったりの講師に巡り合えた!
  • レアジョブHPにある初心者向けテキストの活用法を知り、すっきり
  • 仕事や育児のすき間時間に英語学習ができない人は「レッスン内で復習」
  • 外国人とも堂々と会話。娘「ママ、英語話せるんだね!」

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る