日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験のスタート学年 4年生はどう過ごす?

中学受験のスタート学年 4年生はどう過ごす?

塾が本格スタート! 一生懸命頑張って、なんとかついていっている子は要注意!


一般的に中学受験の勉強が始まるのは、大手進学塾の受験カリキュラムがスタートする小3の2月からと言われています。「中学受験をする」という選択をして、大手進学塾に通い始めた新4年生たち。それから2カ月が経ち、少しずつ塾生活にも慣れてきた頃ではないでしょうか? 本番まではあと3年とまだ時間がたっぷりありますが、4年生のこの1年間をどのように過ごすべきか、本連載でお馴染みの西村則康先生に伺いました。

こんなに違う!学校と塾の授業のスピード

西村則康先生
西村則康先生

 大手進学塾に通い始めた新4年生が初めに戸惑うのは、授業のスピードではないでしょうか? 小学校の授業は、「クラスみんなが理解できるように教える」ことが基本ですが、塾の授業はそうではありません。

 西村先生はこう話します。

 「塾は年間にやるべきカリキュラムが決まっていて、毎回の授業で『ここまで教える』という課題があります。限られた時間内に必要なことを教えなければいけないため、先生が教えるスピードも自ずと速くなります。たとえるなら、NHKのアナウンサーが話すスピードですね。まずはこのスピードに慣れる必要があります」

 「次に板書です。こちらも小学校の授業よりスピードが必要です。のんびり写していると、あっという間に消されて、次に進んでいきますので、子ども達は必死です。しかし、ここで気をつけなければいけないことがあります。書き留めることに必死になっていると、何も考えずに写しているだけなので、内容が理解できなくなってしまうのです」

 「こうした状態にならないようにするためには、『授業の聞き方』を変えていかなければなりません。板書に必死になるのではなく、黒板を見ながら先生の話を聞くという状態にするのです」

 「それには『素早く書く』練習が必要です。できれば、低学年のうちにその練習をしておくといいでしょう」

 「実はえんぴつの持ち方も、書くスピードに大きな影響を与えます。正しい持ち方をしていれば、字や図もスムーズに書けますが、そうでないと変に力が入って、えんぴつの芯が折れてしまったり、字が斜めになってしまったりして、何度も書き直してスピードについていけなくなってしまうからです。ですから、えんぴつを持たせ始めるときから、正しい持ち方を身につけておくことが大切なのです」

次ページから読める内容

  • その単元、本当に理解できている? まずはお子さんの現状をチェック! 
  • 今は焦らず、基本をしっかりと。成績アップは半年我慢
  • ゴールはまだ先。時間にまだ余裕がある今こそさまざまな体験をさせて

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む