日経DUAL創刊時から、連載「ママ世代公募校長奮闘記」を執筆してきた大阪市立敷津小学校・元校長の山口照美さん。昨年4月からは、元民間人校長として公教育に関わる山口さん。そんな山口さんの言葉をストレートに伝える連載の8回目です! 

* 本連載の最後のページには、大人ではなく“お子さんに向けた”山口さんからのメッセージがあります。ぜひパパやママが声に出して読んであげてください。

「学ぶ力」は、大人にこそ必要

 28歳のときに会社を作った。未熟で思いつきで、最初の数年は予備校講師や下請けライターの仕事と並行しなければ食えないほど、稚拙なものだった。塾業界以外のことは何も知らず、読書やセミナーで学び続けた。実践を重ね、信頼を築き、安定した収入が得られても、学ぶことを止めるとIT社会の中ではあっという間に置いていかれる。中小企業向けの広報代行をメーンの業務にしていたため、クライアントの業種ごとに勉強が必要だった。当時の自分を、そして身近なプロフェッショナルたちを見ていて思う。

 「学ぶ力」は、大人にこそ必要だ。

 アメリカのロックバンドKISSを成功させたジーン・シモンズ氏が書いたビジネス書『KISSジーン・シモンズのミー・インク』を読んだことがある。堅実そのものの内容と、ロックスターのイメージとのギャップはともかく、突き付けられたこの一言にしびれた。

 「自分を教育しろ。大人の義務だ」

 子どもは大人が教育する。発達段階に応じた課題を与え、そこまで押し上げる。学びやすいように、支援もする。しかし、大人は自ら学ばなければ緩やかにダメになる。最近、学びのために読んだ本、出かけた場所、聴いた話を思い返してほしい。本を読むスピード、観察力、人の話を集中して聞く力のどれも、続けていないと圧倒的に力が落ちる。自分で自分を鍛えなければ、新たなことを学ぶときの「めんどくささのハードル」は上がる一方だ。

 「学ぶ力」があることは、職や時代が変わっても大丈夫という自信をくれる。自営業から学校現場に行ったときも、質問をし、メモを取り、本を読み、観察し、全身をアンテナにして学び続けた。この一年も、新たな部署で世界を広げている。

次ページから読める内容

  • 子どもの学ぶ姿勢を育てるコツ
  • 学ぶということは、「未熟な自分」を素直に認めること
  • 知りたがり屋になろう!

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。