小学校低学年になると、子どもの「できること」が増える半面、「できてほしいこと」への親の期待もついつい過剰になりがち。また通学時間が決まっており、宿題や明日の支度など家庭ですべきことも多いので、ついつい子どもとケンカになって夜までぐったり…ということも多くなるかもしれません。子どもを自立に導くためには、親のどんな心構えや声がけが大切なのでしょうか。「アドラー心理学」「アンガーマネジメント」の専門の先生に話を聞き、それぞれ記事として紹介します。ママのストレス軽減、家庭円満のためにも、役立つこと間違いなしです。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け/病気・ストレス・体】
(1) 小学校低学年は人格形成を決める大切な時期
(2) 子の性格、親子関係…アドラー流お悩み対処法
(3) 小学生ママのための「アンガーマネジメント」
(4) 怒りのコントロールで家族関係が良くなる ←今回はココ

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

 前回の記事では、日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんに、怒りの正体や、子どもへの正しい怒り方、怒りっぽい人の特徴などについて話を聞きました。この記事では、実際に怒りの感情を覚えたとき、どのように対処すればよいのか、という具体的なお話を紹介します。

 怒りといっても、色々な種類があります。子どもに対してイラっとして、怒鳴ってしまうような怒り。例えば子育てを通じて、自分が子ども時代のつらい記憶などを思い出してしまい、悲しかったり悔しかったりするような、怒り。それぞれの怒りにどう向き合っていけばいいのでしょうか。

 イラっとしたとき/頭に血が上ったとき

<span style=安藤俊介 アンガーマネジメントコンサルタント。企業、教育現場にある怒りの問題を解決する専門家。怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の日本の第一人者。文部科学省も注目している感情理解教育「アンガーマネジメント」の理論、技術をアメリカから導入する。教育現場から企業まで幅広く講演、企業研修、セミナー、コーチングなどに日々奮闘している。また、アンガーマネジメントのトレーナーの育成にも力をいれている。主な著書に『はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「アンガーマネジメント入門」(朝日文庫)、「怒りに負ける人、怒りを生かす人」(朝日新聞出版)など。">
安藤俊介 アンガーマネジメントコンサルタント。企業、教育現場にある怒りの問題を解決する専門家。怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の日本の第一人者。文部科学省も注目している感情理解教育「アンガーマネジメント」の理論、技術をアメリカから導入する。教育現場から企業まで幅広く講演、企業研修、セミナー、コーチングなどに日々奮闘している。また、アンガーマネジメントのトレーナーの育成にも力をいれている。主な著書に『はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「アンガーマネジメント入門」(朝日文庫)、「怒りに負ける人、怒りを生かす人」(朝日新聞出版)など。

 そんなときは『6秒ルール』を意識してみてください。イラっときたら6秒待つ、ということです。アンガーマネジメントは、料理やテニスを習って覚えるのと一緒で、やり方を教わってあとは練習を繰り返すことで身に付きます。ほとんどの人は、同じことでいつも怒ってるんですよ。でも不思議じゃないですか? 料理で毎回同じ失敗をしていたら、『ちょっと頭を使って、やり方を変えればいいじゃない』という話になりますよね。怒りのコントロールも同じで、一つのスキルなんです。もちろん、スキルなので個人差はありますし、全員がプロのレベルになれるわけではないです。ただ、卵も割ったことがなかった人でも、学習すれば目玉焼きくらい作れるようになるよ、ということなんです」

 「他に具体的な対処策として、『怒りの温度計をつける』というものがあります。例えば天気は、天気予報で最高気温が5度ですって言われたら、どんな服装をすればいいか考えることができます。怒りも必ず比較対象があるので、自分の中でどれくらいの怒りなのかを、客観的に分かるようにすることが重要です

 「僕たちは怒りの原因が『誰か』とか『何か』『出来事』といった『外』にあると思っています。でも本当はそうではなく、全部自分の中にある『~べき』が裏切られたときなんです。だから自分が何に対して怒っているんだろう、と思ったときには、自分の中にどういう『~べき』があるのかを探っていくことが必要なんです」

 「このようなトレーニングを繰り返していくと、一般的には3週間くらいで、効果が出てきます。怒りに対する向き合い方などが『くせ』となって、定着してくるからです」

<次ページからの内容>
・じわじわとくる怒りの正体
・親との関係、虐待など、過去の出来事に対する怒り
・夫と妻で「怒り」のポイントが違うときは?
・子どもについ口を出したくなってしまう
・子どもに対する「~べき」は夫婦ですりあわせるべきか

次ページから読める内容

  • じわじわとくる怒りの正体
  • 怒りはとにかく言語化する

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。