隠しているならば授乳は普通の光景として受け止めてほしい

 ちゃんと隠していて、子どもがいて違和感のない場所で授乳する分には、それを普通の光景として受け止めてもらいたい。そう授乳中の母としては思うのです。なにも、授乳する権利! と主張して、スクランブル交差点のど真ん中で乳首丸出しで座り込み授乳してるわけじゃないんだからさ。

 一方で、授乳のとき以外は、きちんと自分のオッパイをオッパイ扱いしてあげる心がけは必要だとは感じています。

 私の最近の私服は、すぐに授乳ができるように胸元が深く開いている服ばかり。仕事へもそのままのスタイルで行くわけですが、打ち合わせのときなど、テーブルに台本を置いてかがみ込むと、番組ディレクターさんの目の前で谷間が大変なことになっているときがあるそうで…。

 とうとう、私の周りのスタッフさんから注意喚起を受けるようになってしまいました。

 うん、そうだよね…。

 女として、それ以前に社会人として、そこの配慮はマナーよね。健全な仕事場で痴女化していたことに、まったく気が付いてなかったわ。

 ――私が母であり、女であり、社会の中の一個人であるように、オッパイは乳タンクであり、バストでもある。by 眞鍋

 …偉人の名言っぽく言ってみましたが、深い意味はないです、すみません。

 さて、私の授乳生活も、あとどれくらい続くことやら。乳離れするのは少し寂しいけれど、授乳が終わったら飲もうとキープしているシャンパンを開ける日を楽しみに、もう残り少ないであろう授乳生活を楽しみたいと思います。


授乳が終わり、アルコール解禁したら最初に飲もうと決めているシャンパンです。今までもったいなくて開けられなかったのですが、妊娠中からお酒を何年も我慢したご褒美として、思い切って開けちゃおうっと