<手順2> 最後の一枚は、コインを持っている手で置く

 ここで、コインの置き方の重要ポイントを説明します。手のひらに乗せているコインを、逆の手で一枚ずつ乗せていくのですが、最後の7枚目は、6枚目を置いたら、すぐに下写真のように、コインを乗せていた手(ここでは左手)で直接、落とすように相手の手のひらに落とします。なぜそうするのかは、後でまた解説しますので、この手順を覚えておいてください。

<手順3> 7枚置き終わったらすぐに握るように意識付けをする

 7枚目を置いた後にすぐに相手が握ってくれたのであれば、「その調子です。次はもっと早く握ってくださいね!」と言います。逆にすぐに握ってくれなかったのであれば、「7枚目を置き終わったら、誰にも取られないようになるべく早く握ってください!」と、改めて、インストラクションしましょう。ルールがしっかり伝わり、相手がすぐに握ることを理解したようなら、いよいよ本番です。

<手順4> 念を押してから、再びコインを置いていく

 「それでは、これから同じように7枚のコインを手のひらに順番に乗せていきますから、置き終わったら、なるべくすぐに握ってくださいね」と、念を押してから、再び、コインを置いていきます。コインを「いち、に、さん」と数えながら置くと、相手の意識が置かれていくコインにますます集中していくのでいいでしょう。