クックパッドの初期からのメンバーとして、「料理を楽しみにする」人を増やすためのサービスに日々取り組んでいる小竹貴子さん。自身も二児の母として、仕事と育児のDUALライフに奮闘している中で、気になっているのが「お弁当」の存在なのだそう。

 幼稚園に通わせている次女に毎日作り、小学校に上がった長女にも長期休暇中には学童保育で食べる昼食として持たせています。

 働く親にとっては、とかく「手間」「面倒」「苦行」という位置付けで語られることが多いお弁当ですが、小竹さんが日々感じているのは「お弁当ならではの、親子の関係を豊かにする可能性」。ある論文に注目したことをきっかけに、田園調布学園大学子ども未来学部で教鞭を執る横尾暁子さんを訪ねての「お弁当対談」が実現しました。「お弁当は親子の交換日記」「手抜きでゴメンなお弁当でも、実は子どもは自慢しているかも」という名言が飛び出した前編に続き、後編ではお弁当の役割や、気持ちをラクにするコツなど、お二人の言葉をご紹介します。

<前編はこちら> 小竹貴子×横尾暁子 「お弁当」について真剣対談

栄養や見た目だけではなくどんなメッセージを伝えたいか

小竹貴子さん(以下、敬称略): 子どもが苦手な献立を入れるときはなんておっしゃっていますか?

横尾暁子さん(以下、敬称略): なぜそれを食べてほしいのか、渡すときに一言添えるようにしています。「風邪を引かない元気な体になってほしいから、ひじきを入れてあるよ」というふうに。そうすると、「わかった」と言って、食べて帰ってくることが多いです。気持ちを伝えるというのが大事だと思います。

小竹: お弁当を通じてそういうやり取りができていると、一緒に食卓を囲める時間が少なかったとしても濃いコミュニケーションができるような気がしますね。

横尾: 「食育」という言葉が出始めたころ、「親子で一緒に食べるのがいい」と当然のように言われることにどこか違和感を覚えたんです。一緒でなければいけない理由は何か、一緒に食べなくてもできる食育はあるのではないかという疑問が出発点になっています。

小竹: 共に過ごす時間を長く持つことが食育の重要なメッセージではないと。親子で重ねるべき時間は量ではなく質だというメッセージは、とても励みになります。

横尾: 単に共に時間を過ごせばいいのではなく、子どもにどういうメッセージを伝えて、子どもからもどういうメッセージを受け取っていくのかが大事なのだと思います。おいしくて手の込んだ料理を作ることが目的ではなくて、そこに込めた親の思いを分かりやすく伝えていく。それこそが食育の意味なのだと私は思っています。

田園調布学園大学子ども未来学部講師の横尾暁子さん(左)とクックパッド ブランディング・広報担当VPの小竹貴子さん
田園調布学園大学子ども未来学部講師の横尾暁子さん(左)とクックパッド ブランディング・広報担当VPの小竹貴子さん

次ページから読める内容

  • SNSのお弁当公開に焦る必要なし
  • 食べきれる量を心がけて「自信を育てるお弁当」に
  • 習い事よりも食事の時間を充実させるほうがいいかも

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。