「セルフメディケーション税制」「スイッチOTC医薬品」という言葉、何となく目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。今年から始まったこの制度、市販薬をよく購入するファミリーは知っておいて損はなし! レシートを取っておいて翌年に確定申告すれば節税につながります。そこで、ファイナンシャルプランナーの前野彩さんにこの新しい医療費控除の特例について詳しく解説してもらいました。上下編に分けて、お届けします。

 「医療費控除は10万円から」――今年から、この常識が変わったことをご存じでしょうか。今までの医療費控除に加えて、新たに「スイッチOTC薬控除」というセルフメディケーション税制が誕生したのです。

 あなたがドラッグストアで日常的に買っている頭痛薬や胃薬。そのレシートが、来年の確定申告ではお金に変わるかもしれません。

1万2000円を超えたら使える!医療費控除の特例

 スイッチOTC薬控除とは、簡単にいうと、「市販薬の購入だけで年間1万2000円を超えたら、薬専用の医療費控除が使える」という制度です。

 スイッチOTC薬控除は、次の4つの条件をすべて満たした人が使うことができます。

① 健康診断や予防接種などを受けている人

② 購入した薬がスイッチOTC医薬品である

③ 1月1日~12月31日までのスイッチOTC医薬品購入合計額が1万2000円を超えた人

④ 翌年3月15日までに還付のための確定申告をすること

 条件を詳しく見ていきましょう。

次ページから読める内容

  • 1500を超える市販薬が対象に
  • 市販薬を購入したらレシートを保存する習慣を
  • 申告すれば所得税と住民税が安くなる

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。