今年こそ親子で取り組みたい生活習慣が、「朝ちゃんと起きる」です。早起きは三文の徳という言葉もありますが、早寝・早起きは子どもの成長にとっても大切なこと。朝、決まった時間に自分から気持ちよく起きる習慣を幼少期に身に付けさせるためには、親はどんなことができるでしょう。朝の時間にスポットを当ててみましょう

【保育園ママ・パパ向け/親と子の時間活用2017】
(1) 時短・定時退社ママ必読!今年こそ上手な時間管理を
(2) 1日のスケジューリング術 年初になりたい自分を確認
(3) 朝ちゃんと起きる!今年親子で取り組みたい生活習慣 ←今回はココ
(4) 整理整頓、片付けができる子になる毎日の習慣

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「小学生低学年」「高学年」「保育園」「プレDUAL(職場復帰前)」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

まずは、強引でも早起きする日をつくる

 朝、子どもを起こしてもなかなか起きてくれなかったり、目を覚ました後しばらくぐずっていたりすると、ママ・パパの忙しい朝はさらに忙しくなります。子どもの着替えや園グッズの準備、朝ごはんの用意と片付け、親自身の身支度……と、それでなくとも時間に追われているので、精神的なゆとりがなくなり、思わず子どもに声を荒らげる場面も増えるかもしれません。

 朝の起床時間をはじめ、生活リズムを整えることは子どもの健全な成長にとって不可欠です。高校の教師であり、2児のパパである栗田正行さんは、「教育現場で感じることは子どもの学力、そして人間力は、生活習慣がベースになっているということ。極論すれば、子どもの生活習慣さえ規則正しく整えることができれば、その子の将来が明るく輝かしいものになると言っても過言ではない」と話します。

 朝起きられる子にするために、何をすればいいでしょう。まずは栗田さんが実践している工夫を教えてもらいました。

■ポイント1 早起き→早寝にする

 「無理やりにでも、まずは1日早起きすることをおすすめします。なぜなら、無理にでも早起きした日はいつもより早く眠くなり、自然に早寝になるからです。そうすれば、翌日早起きすることは難しくありません。そうやって、早起きスパイラルに突入していくのです。早起きが徹底できない理由として、早寝ができないことが考えられます。ですから、多少強引でも早起きする日をつくることが有効なのです」

<次ページからの内容>
・早起きできる子にする4つの工夫
・トヨタ式で4歳児が朝起きる子になった!
・子どもが自分で決めたゴールをやり切るようになる

次ページから読める内容

  • トヨタ式で、自分で決めたことをやり切る

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る