「どの家の押入れにも、ミイラが隠されている」とは確か、心理学者の信田さよ子先生に教えて頂いた言葉。ごく普通に見える家族にも必ず、語られない秘密や目をそらしている問題がある、というのです。

夫婦にしか分からない傷とこだわりポイント

 私と夫の間にも、ミイラがあります。もう10年以上もそれを抱えて生きてきました。犬も食わないよくある話です。いわゆる産後クライシス。それで済まされるような話じゃない、と実は私は思っているのだけれど。

 私は危機を乗り越えるために、目の前のパートナーに向かって「どうか大人になってくれ、私たちはこの小さな人を一緒に守り育てる同志なのだから」と、言葉を尽くして説得しました。それから十余年、ことあるごとに夫の「思考の癖」に怒りを覚えつつも、彼の良い面にフォーカスし、子どもたちを一緒に育ててきました。手のかかる幼児期の育児では、家事全般をこなせる彼は共働き・共育ての心強いパートナーでしたし、子どもたちにとっては温かい、良い父親でした

 子どもたちが小学校に上がり、一息ついた頃、夫はいわゆる「中年の危機」に陥りました。俺の人生って?と惑い始め、悩んだ末に仕事を辞めたのです。私は、不安定なタレント稼業の上にいきなり片働きになったプレッシャーとショックから、夫を責めました。そのとき過去の傷から、また血が吹き出したのです。

 だいたいさ……あなたは私が一番しんどかったときに、ひどいこと言ったよね。あのころ私は、生まれ育った家族との問題に苦しみながら、自分が築いた新しい家庭に心から幸せを感じていた。初めての育児と仕事復帰で、てんてこ舞いだった。なのに、あなたは私の理解者のふりをしながら、平気でハシゴを外したんだ。そして「赤ちゃんのお世話にかかりっきりで、慶子の瞳の中の白いキラキラしたものが消えたから」僕はグレたんだ、って言ったんだよね。

アホか!ポエムか!

次ページから読める内容

  • 夫の一挙手一投足が気になり始めてしまった私
  • 小島家に「家族法廷」が誕生した
  • 「人生って何だろう?」「人生は、1秒だよ」
  • 声を枯らして息子たちに伝え続けること

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。