時間が長く、色々な選択肢がある分、過ごし方に悩む「子どもの放課後」。特に高学年になると、学童に通えなかったり、通いたがらなくなったりすることも。「周りのお友達は、2月から塾通いをスタートするようだけど、受験をまだ考えていないウチの子はどうすればいいの…?」 という、新小4の保護者の声も聞こえてきます。DUALでは将来のためにもなる「習い事」と、小学校高学年の参加者も多いという「山村留学」に注目しました。新年に心機一転、放課後の過ごし方を見直してみませんか。

【小学校高学年のママ・パパ/充実した放課後時間!】
(1) 高学年 学童を卒業したら将来を育む習い事を
(2) 放課後の習い事 忍耐力や問題解決力を育てる ←今回はココ
(3) 小4からの放課後 勉強への意欲を高めるには?
(4) 高学年 受験をすると決めたら、どんな放課後になる?

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたテーマは少しずつ変化していくものです。「小学生低学年」「高学年」「保育園」「プレDUAL(職場復帰前)」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

勝ち負けの世界に身を置くことで、冷静に受け止められるように

 高学年の子どもに、何か新しい習い事をさせたい! できれば中学生や高校生、さらに大人になってからも楽しむことができ、さらに脳や精神を鍛えられるようなもの…。たくさんの選択肢の中から、DUALでは囲碁に注目しました。東京都中央区では27年度9校で囲碁が授業に導入されており、伝統文化を学ぶとともに、集中力を高め、思考力や判断力を養い、コミュニケーション力や礼儀作法が身に付く頭脳ゲームとして、教育の現場からも熱い視線が注がれています。

 取材に行ったのは日本棋院の「水曜子供教室」です。囲碁はひと言で言えば陣取りを競うゲーム。ルールはとてもシンプルで、縦横19個ある碁盤の線の上に、黒と白を交互に置いて陣地を囲い、黒の陣地と白の陣地を比べて大きな方が勝ち、小さな方が負けとなります。実際、どんな子ども達が、どのような雰囲気で囲碁を楽しんでいるのでしょうか?

 当日の講師は、プロ棋士としても活躍する鶴丸敬一 七段。当日は体験も含めて約20人の子どもが参加しました。鶴丸七段が碁盤ボードの前に立つと、子ども達が姿勢を正し「よろしくおねがいします」と大きな声で挨拶し、稽古の時間が始まります。初めは、囲碁の形を覚え、先を読む力を鍛える「詰碁(つめご)」。当日の詰碁問題を前に、子ども達は臆さず「10-5(じゅうのご!)」「3-16(さんのじゅうろく!)」と、碁盤を置く目の位置を表す数字を次々に言い、先の一手を考えていきます。

 「じゃあ、例えばここに置いてみるとどうかな?」と鶴丸七段が言うと、「うーん、ダメ。そうするとその先で取られちゃう」と指摘。「じゃあ、ここは?」というように、先の先を読みながら、打つ手のパターンの可能性を頭でイメージし、目でも確かめます。

 どの位置に置いたら、相手の石が取れ、確実に盤上で自分の陣地を広く囲めるか。実戦でよく出てくる形を繰り返し行い、パターンの引き出しを増やすことで、初心者でも3手先、1年以上通う子は5手10手先まで頭の中で動きのイメージを描き出すことができるようになるのだそう!

 詰碁の時間が終わると、近しいレベル同士で対局タイム。鶴丸七段は一人で2人の子ども相手に同時に対戦します。日々の勝敗が昇級に関わるとあって、みんな真剣! 先ほどの詰碁とは打って変わり、黙々と真剣なまなざしで碁を打つ姿が印象的。静寂の中に、パチ、パチという小さく碁を打つ音が響くとともに、ピリッとした緊張感が漂います。

 「集中力や思考力が身に付くのはもちろん、勝ち負けの世界に身を置くことで、勝ち負けの結果を冷静に受け止められるようになります。勝負は紙一重のもので、勝っても次は自分が負けるかもしれない。負けた人の気持ちも自然に分かるので、思いやりも育ちますね。また、囲碁の勝負は正解がなく、追い詰められても粘ることで形勢逆転できるチャンスもあるし、大きく勝とうとするとうまくいかない場合が多い。トータルでちょっと勝てればいい、というバランス感覚も身に付きますね」と魅力を語る日本棋院普及事業部の鈴木秀一さん。

 ハンデをつけやすいので、年代や世代、国籍を超えて対戦ができるのもポイント。稽古中に話を聞くときの姿勢や挨拶にも重きを置いていて、「礼儀作法が身に付いた」「最初は受験を意識していなかったけれど、地頭が鍛えられ成績が良くなった」という保護者からの声も聞かれるそうです。

ハンデをつけやすいので、年代や世代、国籍を超えて対戦ができるのもポイント(撮影:鈴木智哉)
ハンデをつけやすいので、年代や世代、国籍を超えて対戦ができるのもポイント(撮影:鈴木智哉)

<次ページからの内容>
・もの作りで問題解決能力を育てる、レゴスクール
・小学校高学年の参加が多い山村留学

次ページから読める内容

  • もの作りで問題解決能力を育てる、レゴスクール
  • 小学校高学年の参加が多い山村留学

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。