こんにちは、治部れんげです。昨年秋から冬にかけて、そして今月も、学校の先生向けの講演が続いています。先生達の悩みは、長時間労働。しかも、それを問題だと「言い出しにくい」という話も聞きました。今回は、先生の長時間労働問題を考えます。

児童や生徒より早く登校し、自分の仕事は下校後に……

 「働き方と男女平等をテーマに研修の講師をしてほしい」。日本教職員組合から依頼を受けたのは、昨年(2016年)夏のこと。小学生の子どもを持つ親として、先生には毎日お世話になっているので、すぐお引き受けしました。

 私は雑誌記者のころから約20年、様々な仕事や働き方について取材して記事を書いてきました。そのほとんどが民間企業に関するものだったので、学校の先生はビジネスパーソンとは違う――と思っていました。でも、色々調べたり先生達と話したりして気づいたのは、共通点も多いということです。

 特に気になったのは、日本の先生の労働時間が長いこと。

 OECD「国際教員指導環境調査」によると、日本の中学校の先生は、週平均の労働時間が53.9時間。一方、調査に参加した34カ国の平均は38.3時間。日本の先生は国際平均より15時間も多く働いているのです。週5日労働とすれば、毎日3時間も多く働いていることになります。

 さらに詳しく見ると、日本の先生は授業の準備などに多く時間を割いていることが分かります。労働時間が長いためか、日本の中学校で校長先生に占める女性割合は6%と、調査参加国中で最も低くなっていました。

 日教組でお話ししたときは、このデータを紹介しつつ、「先生自身のワーク・ライフ・バランスが心配であること」「介護や育児中の先生には、会社員と同様に時短勤務を使ってほしい」と話しました。

 すると、九州のある県から来た先生から質問を受けました。「『時短勤務の推進をしたくても県民の声が気になって躊躇してしまう』という声があります。どうしたらいいでしょう?」。

 要するに、先生には「朝、児童(生徒)が登校するときには学校にいて、児童(生徒)が帰ってから夜まで学校に残って仕事をすべき、と思い込んでいる人が少なくない」ということでした。

 そんなのはおかしい、と私は思います。先生だって人間ですから働き過ぎては体を壊します。何より、先生の家庭生活を犠牲にして、子どもを朝から晩まで見てもらうのが当たり前、という考えには全く賛成できません。

画像はイメージです
画像はイメージです

次ページから読める内容

  • 特に労働時間が長いのは、中学校でスポーツ系の部活指導をする先生
  • 問題を複雑にする「部活指導は大変だが、子ども達の成長がうれしい」という思い
  • 「健康を害するほどの献身」を求めるのは間違い

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。