1995年にTBSに入社し、今年21年目になるアナウンサーの堀井美香さん。現在も『THE 世界遺産』のナレーションやラジオを中心に第一線でご活躍中です。そんな堀井さんは、大学生と高校生のママでもあります。連載の第2回は、長男の誕生や地域を巻き込んでの子育てや子どもの病気などについて。堀井さんがママ友の一言で気付いた「あること」とは、いったいどんなことでしょうか。

堀井美香(ほりい みか)
1972年生まれ、秋田県出身。1995年にTBSテレビにアナウンサーとして入社。1996年結婚、1997年に長女、2000年に長男を出産。これまでに担当した主なテレビ番組は『王様のブランチ』『とんねるずのカバチ』など。現在の主な出演番組は『TBSフラッシュニュース』『THE 世界遺産(ナレーション)』『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち(ナレーション)』、ラジオでは『久米宏 ラジオなんですけど』『ジェーン・スー 生活は踊る(日替わりパートナー)』を担当。

 2000年の7月に、長男を出産しました。第二子の妊娠を公表したときの周りの反応は、正直なところ「また?」という感じだったと思います。でも、私も性根が据わってきましたし、夫にも「でかしたじゃん!」と言われたので(笑)、開き直って妊娠生活を存分に楽しみました。

 だから、その分、育休も短かったんです。母親としての自信も少し出てきたこともありましたし、妊娠中におなかの子をたくさん愛したから、生まれてからはずっと一緒にいてあげられなくても大丈夫かなって。出産後半年で職場に戻りました。

鍵を忘れた長男を、商店街の八百屋さんが預かってくれた

 周囲に親も親戚もいない状況で、2人の子育てと仕事との両立の日々が始まりました。

 ただ、私が住む地域は、郊外ということもあってか、子どもの手が離れた世代の方が多かったんです。だから、子連れで歩いていると知らない人からもよく声をかけてもらえました。長男の妊娠中は上の子のベビーカーを押しながら商店街に行って、よく世間話をしていましたね。「何かあったら助けてあげるから」と言ってもらえることも多くて

 実際、長男が小学生になったときに、鍵を忘れて家に帰ってしまったことがあったんですよ。なんと、家に入れなかった長男は商店街の八百屋さんに向かったんです!八百屋さんも、「うちで預かるよ」と、私が帰るまで店先で待たせてくれて。地域の方々には本当に助けられました。

 子育てを始めて何年か経った後、住んでいる自治体にファミリーサポートができて、何人ものサポート会員の方にお世話になりました。特に、近くに住んでいらしたサポート会員の方には、長女も長男も、それぞれ中学生くらいになるまで、本当の孫のように育ててもらいました。

 長女は大きくなった今も「ファミサポさんちのわかめスープ飲みたいなあ」なんて言っています。子どもにとって、安心して過ごせる場所があるってとっても大事ですよね。

 長女の大学合格の報告に行ったり、修学旅行のお土産を届けに行ったりと、ファミサポさんとのお付き合いは今でも続いています。

次ページから読める内容

  • シッターさんの昼寝を目撃……!?
  • 帰りの電車の中でこらえていた涙がこぼれた
  • ママ友の一言で気付いたこと

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。