12月2日(月)に表彰式とシンポジウムを開催

 上記への回答を基に、「共働き社員の育児と仕事の両立を支援する」という切り口で評価すべき点に注目し、それぞれ《第1部》12点満点、《第2部》39点満点、《第3部》64点満点、《第4部》5点満点で採点し、さらに、アドバイザーを依頼した中央大学大学院戦略経営研究科の佐藤博樹教授、育休後コンサルタントの山口理栄さん、東レ経営研究所・上席シニアコンサルタントである塚越学さんのアドバイスを基に優秀だと判断した企業に加点。調査全体は160点満点となりました。


画像はイメージです

 以後、同特集では12月2日(金)に開催されたシンポジウムや、上位3社の詳しい評価ポイント、アドバイザーによる講評を掲載していきます。ぜひご注目ください。また、そのほかの入賞企業についても、日経DUALで継続的に記事を配信していく予定です。こちらも、どうぞお楽しみに!

この記事の関連URL
厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」 http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/

(日経DUAL編集部・小田舞子、撮影/鈴木愛子)