毎月2万円を積み立てる場合、例えば、年収300万円(課税所得が195万円まで)の人なら、所得税と住民税を合わせて年間で約3万6000円分の税金が安くなります。これが30年続けば、掛け金に対する税金の軽減効果が、約108万円分にもなるのです。

税金を多く払っている人ほど所得税&住民税の節税効果あり

 定期預金の利息だけ聞けば「なーんだ」と思ってしまいますが、どちらも元本が確保されている定期預金で運用しているのに、「iDeCo」を利用するかしないか、その差だけで約108万円の差が出るのです。どちらがおトクかは言うまでもなく、iDeCoですよね。

 なお、安くなる税金の金額は、税金をかけるモトとなる金額(課税所得)が上がれば上がるほど高くなります。つまり、所得が高い人ほど減額される税金が多くなり、iDeCoを利用する効果は高くなるのです。

出典:『本気で家計を変えたいあなたへ<第2版>』前野彩著 日本経済新聞出版社
出典:『本気で家計を変えたいあなたへ<第2版>』前野彩著 日本経済新聞出版社