A. ノロウイルスは激しい吐き気、ロタウイルスは激しい下痢が特徴です。

 毎年、冬に入る前から、インフルエンザとともに流行するのが、ウイルス性胃腸炎。ノロウイルスやロタウイルスといったものが有名です。

 ノロウイルスは、秋の終わりごろから冬の中ごろにかけて毎年流行します。特徴的な症状は、突然の嘔吐で始まること。吐き気は激しいのですが、半日くらいでおさまる場合が多いようです。下痢を伴うこともありますが、ほとんどが軽い症状で済みます。38度前後の熱が出る場合があっても、1日くらいで下がります。嘔吐が長引き、脱水状態になれば、点滴や入院治療が必要になりますが、そこまで重症化することは比較的少なく、たいていは自宅でのケアで回復します。基本的には、数日で自然とよくなる感染症です。ただ注意が必要なのは、嘔吐物が撒き散らされるため、成人への感染力がとても強いことです。

 ロタウイルスはノロウイルスより少し遅れて、冬の終わりごろから春先にかけて流行します。ロタウイルスは、激しい下痢や発熱が長く続くのが特徴。基本的には、1、2週間ぐらいで自然に回復する感染症ですが、乳幼児に多く、2、3歳未満の小さな子どもは脱水症状が進み、点滴や入院治療が必要になる場合も。水分がまったくとれず尿が半日以上出ない、顔色が悪くぐったりしている、皮膚がシワシワと乾燥してくるなどの症状に注意してください。

【ノロとロタ、どう違う?】
○ノロ 秋の終わりから冬の中ごろ 激しい嘔吐
○ロタ 冬の終わりから春先ごろ  激しい下痢、脱水症状