A. 小さな子だけでなく、家族全員で予防対策をとりましょう。

 インフルエンザは、予防接種したからといって必ず病気が予防できるわけではありませんが、重症化は避けられると言われています(詳しくはQ.インフルエンザの予防接種はするべき?を参照)。小さな子の場合、脳症を発症する危険もあるので、接種はぜひしておきたいですね。

 ただ、予防対策は家族全員で取り組むことがポイントです。ママ・パパをはじめ、兄弟姉妹がいるなら一緒に予防接種をしましょう。接種後は、栄養や睡眠をしっかりとる、特に流行期は人混みを避ける、手洗い・うがいをするといった基本的な予防対策も忘れずに。

 インフルエンザのワクチンは、一回の接種では十分な免疫ができませんが、接種した分は積立貯金のように免疫が足されるので、接種し続けていくことで、予防効果が高まっていくことがわかっています。予防対策はこつこつ積み重ねていきましょう。