子どもの成長はうれしいものですが、保育園から小学校へと進むにつれて、「うちの子は、まわりのお友達とうまくやっていけるだろうか」と心配になることも増えてきます。ちょっとくらいのけんかは、誰もが通る道と思えても、いじめとなると話は別。エスカレートする前に適切に対処をし、いじめから子どもを守ることが重要となってきます。

 もしわが子にいじめを打ち明けられたら。もしくは、打ち明けらないまま、いじめられている証拠を発見したら。親はどうすればいいのでしょう。誰に相談すればいいのか? 子どもにはどう声をかけるべきか? ―――いじめ問題の第一人者である大学教授、現役スクールカウンセラー、いじめに立ち向かうNPO法人の専門家などに取材をしました。第3回では、「なぜ、いじめられた子どもは、親にそのことをすぐに伝えないことがあるのか」というテーマで、子どもの心理について解説します。

【子どものいじめ・SOS 親ができること 特集】
第1回 子どものいじめの実態 学校関係者に聞いた
第2回 読者に聞いた「いじめに親はどう対応したか」
第3回 子どものいじめ なぜ親にすぐ打ち明けないのか ←今回はココ
第4回 親の「聞く力」がいじめの解決を左右する
第5回 いじめ問題「先生のNG対応」 親が変えるには
第6回 いじめから不登校に。でも、また立ち上がれる

 ダイニングテーブルの上に置いた「小4 算数」の教科書の表紙を、アキコはしばらく眺めていた。手に取ってページをめくる。1ページ目、2ページ目はきれいなままなのに、50ページ目が大きくカッターで切り裂かれていた。切り裂きは他のページにも及び、斜めに、真っすぐに、何枚ものページが傷つけられていた。63ページ目にマジックで大きく「クサイ」と書かれているのを見つけて、アキコは思わず教科書を閉じた。

 娘のエリカはいじめにあっている。きっと陰湿ないじめに。

 1カ月くらい前から、エリカはお友達の話をほとんどしなくなった。それまではアキコから聞かなくても、うるさいくらい学校やお友達の話をしてくれたものだ。だんだんと口数が減ってきて、何を聞いても生返事をするようになってきたエリカを見て「そろそろ反抗期なのかな」などと、少し寂しく感じたものだ。

 異変を感じたのは今朝のことだ。

 「朝ごはん食べたくない」
 「おなか痛い。頭もちょっと痛い」

 そう訴えるエリカに「何かがおかしい」と感じつつも、出勤時刻に遅れるのが気になったアキコは、ヨーグルトとシリアルだけなんとか食べさせ、急かすように登校させてしまった。

 朝の出来事が1日中気にかかり、夕飯はエリカの大好物を……と張り切って色々と作ってあげたが「おなかがまだちょっと痛いから」とほとんど口をつけず、エリカは早々に寝てしまった。明日も食欲がないようなら小児科に連れていくべきか。アキコがそう考えていると、担任の吉田先生から電話がかかってきた。

 「エリカさんが、3日連続で算数の教科書を忘れたと言っています。普段は忘れ物が少ない子なので、気になります。ご家庭での様子はいかがでしょうか」

 電話を切った後、そっとエリカの寝室に入った。寝ているエリカを起こさないよう、机の上を探す。算数の教科書は、引き出しの一番下に隠すようにしまわれていた。エリカは算数の勉強が嫌いではない。それなのにどうして、こんなところに教科書を隠しておいたのか。嫌な予感がした。そして冒頭の、切り裂きを発見した。

いじめを本人に問いただしていいの?

 娘がいじめられているかもしれないという事実に、親としてどう対処すべきか。エリカの口数が減った1カ月前から、いじめは起こっていたのかもしれない。エリカの変化に、どうして気づいてあげられなかったんだろう。エリカはもう、母親の私を信用してくれないかもしれない。それに、話したくなかったのなら、本人には知られないように解決したほうがいいのかもしれない。

 まず先に、学校に相談するべきだろうか。でも、「チクった」と言われて、エリカがますますいじめられてしまうかもしれない。それに、担任の吉田先生は新任教師で、真面目そうだが少し頼りない感じがする。

 アキコは算数の教科書を握りしめたまま、ダイニングテーブルの前に立ち尽くしていた。自分がいじめられているわけでもないのに、どんどん胸が苦しくなって、涙があふれて止まらなかった。

 これは、小学生の子どもを持つ共働きママの悩みを再現したショートストーリー。登場人物は架空だが、「教科書を切り裂く」といういじめは、実際に関東近郊の小学校で起こった出来事だ。わが子がいじめにあったときに、悩まない親はいないだろう。日経DUALでは、そんな「悩める親」を代表して、学校カウンセリングを専門とする前・東京都教育委員会いじめ問題対策委員会委員長で、東京聖栄大学の有村久春教授と、現役スクールカウンセラーの栗原さんに話を聞いた。

<次ページからの内容>
・「どうしていじめられたの?」はなぜダメか
・子どもがいじめを「秘密」にしてしまう理由
・打ち明けるか否かにも男女差がある

次ページから読める内容

  • 「どうしていじめられたの?」と子どもに聞くのはNG
  • 子どもがいじめを「秘密」にしてしまう理由
  • いじめを親に打ち明けるどうかにも、男女差が影響?

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。