A. 預かってもらった時間の長さ、大変さに応じて、食品や商品券などを。

 自分が体調を崩したり、急な外出、出張のときなど、近所のママ友に子どもを預かってもらう場合があるかもしれません。そんなときのお礼は、預かってもらった時間の長さ、大変さを考慮して決めましょう。

 軽くお礼がしたい場合なら、毎日の食事に役立つような食品や、ママがくつろぎタイムに楽しめるようなお茶やお菓子など。しっかりお礼がしたい場合は、現金を渡すより、商品券などの金券やプリペイドカードのほうが相手も受け取りやすいでしょう。お願いする回数が多いほど付き合いが深い相手なら、事前に相談をしてお礼の内容を決めておくといいでしょう。

 お願いする回数が多いほど付き合いが深い相手なら、事前に相談をしてお礼の内容を決めておくといいでしょう。