発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)がある息子さんとの日々を描いた『発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!?』『発達障害 うちの子、人づきあいだいじょーぶ!?』などで知られる漫画家のかなしろにゃんこ。さん。息子さんの子育てや、発達障害と診断を受けた大人への取材などを通じて感じたこと、知ったことなどを、漫画で発信しています。

 「息子の育児は大変だけど、楽しかった」と話すかなしろさんに、「上」では息子さんが発達障害と診断されるまでのこと、そして、発達障害を漫画の題材として取り上げる理由などについて、お話をお伺いしました。「下」では、ADHDの息子さんの受験や人付き合い、そして、かなしろさんが発達障害の人の取材を通じて考えていることなどを、ご紹介します。

<前編記事> ADHDの息子の子育ては、超大変だけど楽しかった

息子には発達障害を明るく告知。中学生になると自分で調べるように

日経DUAL編集部 息子さんご本人には、発達障害のことは伝えているのですか。

かなしろにゃんこ。さん(以下敬称略) 小学校4年生の夏に診断が出て、冬になる前に本人に告知しました。告知は早いほうがいいと思いまして。でもシリアスに言うのはやめ、「こんな特徴があるらしいよ~」と笑って伝えました。中学生くらいになると、自分で特徴や症状などについて調べ始めました。

 専門家の中には「子どもを傷つけるような言い方、同情をするくらいなら、伝えないほうがいい」と話す人もいます。例えば「あなたは自閉症なのよ」とシリアスに言ったら、子どもは「自閉症は悪いことなんだ」「重い病気なんだ」と思ってしまいます。私は言い方には気を付けましたが、伝えたほうがいいとは思っています。

―― 受験勉強は大変でしたか。

かなしろ 中学は公立に進み、高校は受験をしました。塾に通ったり、家庭教師も利用しました。ADHDの息子には、大人数の塾やプレッシャーを与えて伸ばすような方式のところは、向いていないかなと感じました。個人の評判のいい塾に「こういう特性があります」と相談して、受け入れてくれるところを探しました。

 例えば、うちの息子は音楽を聴きながら計算などをすると集中できるようです。何も聴いていないと、ぶつぶつとつぶやきながら勉強する癖があります。でも音楽を聴くと、体を揺らしてリズムは取るのですが、ぶつぶつはつぶやかずに勉強できたのです。それも塾の先生が発見してくれました。通っていたところは、そういった特性を理解してくれて、音楽を聴くのを許してくれるところでした。

次ページから読める内容

  • 「天気の話はムダ」。でも、理由が分かれば納得する
  • 「僕はあなたの気持ちが分からないから、ごめんなさい」
  • 自助会や経済的支援も活用して

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。