A. 感謝の気持ちを伝え、謝礼についても一度話し合っておきましょう。

 祖父母にサポートをしてもらったときは、まずはお礼の言葉をきちんと伝えましょう。何度もお願いしていると、身内ゆえ、ついつい当たり前のような気持ちになってしまいがちなので、要注意です。祖父母も他の用事をキャンセルして来てくれているかもしれません。いくら孫がかわいくても、1日中小さな子どもの世話をするとなると責任重大。気力も体力もかなり消耗します。身内といっても決して甘え過ぎることなく、「サポートしてもらっている、ありがとう」という気持ちをしっかり伝えるようにしたいですね。

 祖父母にサポートをお願いした場合の謝礼については、家庭で一度ざっくばらんに話し合っておきましょう。1回あたりいくらと金額を決める、祖父母が好きなお菓子、品物などを渡す、後日1カ月分まとめて現金を振り込むなど、方法は様々です。

【ありがとうの伝え方はいろいろ 祖父母への謝礼案】

○「交通費」として、交通費より多めにお金を渡す
○ポチ袋にお金を入れて「お礼」として渡す
○月々定期的に「お礼」を渡し、ボーナスでプラスする
○自由に使えるファミリー財布を渡し、そこから食品などを買ってもらう
○父の日、母の日、誕生日などに多めのプレゼントを渡す

 謝礼を渡す場合は、必ず感謝の気持ちを一筆添えましょう。言葉は何よりうれしいものです。また、遠方から飛行機や新幹線、電車などで来てもらう場合は、飛行機の予約や支払いをこちらでする、実費をきちんと渡すなど、気持ちよくサポートしてもらえるような配慮もできるといいですね。