前回に続き、シンガーの野宮真貴さんのインタビューをお届けします。ピチカート・ファイヴ3代目のヴォーカリストとして大活躍していたあのころ、バックステージでは結婚、妊娠、出産というライフイベントをも併走させ、ジェットコースターのような毎日を送っていたと語る、野宮真貴さん。印象的なおしゃれアイコンとして、今なお女性達の憧れの存在です。その美しさとエレガントさの秘訣として、35年間、人に見られる職業を通じて獲得した美人に見える方法を、近著『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』(幻冬舎)では惜しげもなく披露。曰く、「この世の女性はみんな美人と美人予備軍。要は美人に見えればいいのです」とのこと。忙しいママ達にとって「効率的に美人になる方法」とは魅力的なテーマです。DUAL読者にお勧めの「美人に見えるための」ポイントを伺いました。

「赤い口紅」はいわば女性を美人に見せるテクニックの象徴

日経DUAL編集部 野宮さんの新著『赤い口紅があればいい』の中に、「鏡を見なければ始まらない」という一節があります。産後の体型の変化や育児、家事、仕事の両立に追われて、わが身を鏡で直視するのは正直なところ、怖いと言いますか……。

野宮さん(以下、敬称略) 本の中でも「できれば各部屋に鏡を設置すること」を勧めています。いつでもチラ見で自分をチェックするというのが大事です。その理由は、メイクをするときや、洋服のコーディネートで鏡に向かうときは無意識に「鏡に映る」表情をつくってしまうから。このチラ見だと、鏡に映る疲れた顔や無防備な表情に思わずドキリとするかもしれませんが、自分が知らないこの姿を他人は見ているものなのです。ショックを受けて「これではいけない」と思う限り、その瞬間を“美人になるきっかけ”に変えることができます。

 本のタイトルの「赤い口紅」はいわば女性を美人に見せるテクニックの象徴です。赤い口紅をつけるというと「勇気がいる」と身構えてしまう人が少なくないようですが、実際につけてみると、他の隠したい部分が目立たなくなったり、気分が高揚してきたり、と色々な効果があるものです。

 おしゃれしよう、と思い立ったときに洋服をすべて変えてイメージチェンジを図るのは意外と大変ですよね。だったら口紅をきっかけに変化のためのささやかな一歩が踏み出せたら素敵ではありませんか? 赤は気分を上げる色です。最初の一歩を踏み出す勇気としてポーチに入れておくだけで、お守りになると考えてはどうでしょうか。いざというときに、赤い口紅さえあれば、いつでも“スタンバイOK”の状態になれますし。せっかく女性に生まれたのだから、女性であることを最大限楽しみたい。美人に見えるテクニックさえ知っていれば、どんな人も自分に自信が持てるはずですし、自由になれると思うのです。

次ページから読める内容

  • 人と違うと気にしているそのパーツこそ、武器になる
  • 赤い口紅をつけるときのポイントは、すべてを整えすぎないこと
  • 記念日には家族全員でおしゃれをして、いいレストランでおいしいものをいただく

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る