A. 自由研究を夏休みのイベントに組み込み、旅行のついでに工場・博物館見学を。

 自由研究、何にしようか考えているうちに、夏休みももう残りわずか……! そんな緊急事態には、実地体験型の研究がお勧めです。夏休みも仕事が忙しくてあまり子どもと出かけられなかった家庭もあるでしょう。週末などを利用し、小旅行がてら工場見学に行ったり、工作イベントに参加したりするなど、夏のイベントとして「研究」を家族で楽しんでしまうというのもアリです。

 実地体験には、工作などその場で終えてしまうタイプと、工場見学などをして、自宅に帰ってからレポート作成をするタイプがあります。あらかじめ内容を確認し、どちらのタイプがいいか、子どもと相談しておきましょう。遠方まで旅行するのは厳しいという場合でも、地元の施設なら身近な題材も多く、興味・関心の幅が広がりやすいというメリットもあります。公立の博物館や図書館は、自由研究対策の講座を開くところも多いので、お勧めです。

 施設の中には、事前予約が必要なイベントもあるので、出かける前に確認しておきましょう。