第1回に続き、忙しい朝でも3分以内でできるおしゃれまとめ髪を一挙に4本、動画付きでお届けします。ハリウッド女優に間違えられてもおかしくない(!?)まとめ髪など、おしゃれヘアテクを披露してくれるのは、人気女性ファッション誌をはじめとする雑誌や広告、タレントのヘアメイクで活躍中のヘア&メイクアップアーティスト・サユリさんです。仕事とプライベートで使えるまとめ髪をぜひマスターしてください。女のお子さんだと、ママが朝、ぱぱっと手早くおそろいの髪をセットしてあげれば、大喜びするかもしれません。

【ワーママのヘアスタイル&美髪ケア特集】
第1回 3分以内で完成!ママに見えないおしゃれ髪動画
第2回 動画付き!ワーママのシーン別ヘアスタイル4選 ←今回はココ
第3回 白髪を見えなくする!白髪染め9製品を使ってみた
第4回 あの人のキレイ髪の秘密を大公開 3人の女性経営者
第5回 白髪、薄毛、うねり、コシ・つやなしはなぜ起こる
第6回 髪と頭皮が変わる!多忙でも美髪を目指せる自宅ケア

 第1回の記事で紹介した2つの基本テクに続く、応用編です。仕事とプライベートそれぞれのシーンに合わせて、4つのとっておきのまとめ髪テクをお届けします!一見、難しそうに見えるおしゃれまとめ髪ですが、どれもかかる時間は3分以内。練習すれば手際はどんどんよくなります。

① 内勤の日、仕事にがっつり取り組みたい実務的まとめ髪

② たまの飲み会ではじけたい夜のムンムンヘア

③ 家族でお出かけする休日のリラックスヘア

④ 保護者会や学校行事で、ハリウッド女優も顔負けのキレイママヘア

ブラシを使わない、後れ毛は細めに垂らす

 ぱぱっと簡単にできるヘアスタイルですが、華やかさを生み出して差をつけるためには、ちょっとしたコツがあるようです。サユリさんに教えてもらいました。

 「ブラシは使わずに手ぐしを使う、頭頂部の髪を指で少しずつつまみ出して立体感を出す、疲れたふうにならないよう、“細い”後れ毛をつくる。こうしたポイントさえ押さえていれば、“こなれ感”のあるまとめ髪が完成します。まとめ髪は普通、柔らかいねこ毛の人のほうがやりやすいです。直毛だったり髪にコシがあったりして、まとめ髪がやりにくいという人は、朝食の準備中などにカーラーを巻いたり、セットする直前にコテでゆるく巻いたりしてから取りかかるとまとめやすくなります」(サユリさん)

 では次ページから、4つのまとめ髪テクをたっぷりの写真と手軽に見られる動画(無音なので電車の中でも視聴OK)で紹介していきます。ぜひ挑戦してみてください。

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る