A. 収集系の自由研究なら短期間でもOK。経過を親が随時チェックし、サポートを。

 夏休みの宿題で、子ども以上にパパ・ママ達が頭を悩ませてしまうのが自由研究ですが、大がかりな準備をしなくても、案外面白い研究はできるものです。例えば、収集系の自由研究なら短期間でOK。集めるところから親子で一緒に取り組んでも、2日もあれば完成します。

 収集方法は簡単です。身の回りにあるものを一定量集め、見つけた場所や大きさ、意味ごとに分類します。一覧表か図鑑風にまとめると分かりやすく、見栄えもします。

【収集アイテムの例】
●身の回りのもの(食品・生活雑貨・衣服など)
マークを切り取って収集。タグやラベルをチェックする。原産国を調べて世界地図にまとめてもよい。
食品なら、ベルマーク、HACCP、JAS、有機JAS、公正マークなど。辛さの表示は国やメーカーによってだいぶ違うので面白い。生活雑貨なら、各種認定マーク(サッカーボールならJFAマーク)、警告、リサイクル、エコ、DVDやHDDなどのマーク。衣服なら、洗濯表示や原産国が書かれているタグなど。

●標識・看板
街で見かける標識や看板の写真を撮ったり、イラストを書いたりして集める。

●自然のもの(石・葉など)
実物を拾う。まとめるときは、箱に入れたり、実物を貼ったりしてもOK。調べるときには図鑑を使うのがお勧め。

 研究テーマや、どういうイメージで制作するかなどついては、親が誘導しながら決めていきましょう。特に、低学年のうちはレポートの書き方なども学校で教わっていないため、どのように研究を進めていいか分からないことも多いはず。親が経過をしっかりフォローしてあげることです。とはいえ、あまりプレッシャーを感じさせない配慮も大事。食事時などにそれとなく話題に出して、様子を見るといいかもしれませんね。