【大江戸線・六本木駅の総合評価】

都営地下鉄大江戸線六本木駅(調査日:2016年6月)
都営地下鉄大江戸線六本木駅(調査日:2016年6月)

 都営地下鉄大江戸線の六本木駅は3つ星、56点という結果に。それでは、それぞれの詳細を見ていきましょう。

【評価1】これだけ深いのにエレベーターは1カ所のみ

【子連れ視点でエレベーターをチェック!】
●東京ミッドタウン側の改札に出るほうにしかエレベーターがない。六本木ヒルズ方面に行きたい場合もこちらから地上に出なければならず、遠回りになる
●新宿方面から来た場合は、改札に出るのにエレベーターを乗り継ぐ必要があるため、時間がかかる

 都営地下鉄大江戸線六本木駅には改札が2カ所。ここでは、六本木ヒルズがある六本木通り沿いに出られる3・4・5・6番出口改札を「改札A」、東京ミッドタウンがある外苑東通り沿いに出られる7・8番出口改札を「改札B」とします。六本木駅の評価は、以下のようになりました。

【エレベーター(14点/40点)】

 エレベーターは40点満点中14点と、かなりシビアな結果に。改札A方面にはエレベーターが設置されておらず、改札B方面しか使えないのが大きな減点要素となりました。

 調査して改めて感じたのが、その深さ。六本木駅は大門方面へ向かう1番線ホームと新宿方面へ向かう2番線ホームの階層が違っているのですが、エレベーターの表示を見てみると2番線ホームはB5F、1番線ホームはB7F。まさか地下7階まで潜っていたとは、あの果てしないエスカレーターの長さにも納得です。

エレベーターは端にあり、ホームで反対側に降りてしまうとかなり歩く必要がある。改札階でも広々したフロアの端にひっそりと設置されていて、人目につきづらい
エレベーターは端にあり、ホームで反対側に降りてしまうとかなり歩く必要がある。改札階でも広々したフロアの端にひっそりと設置されていて、人目につきづらい

 また、1番線ホームから改札階に出る場合、一度2番線ホームのあるB5Fでエレベーターを乗り継ぐ必要があったことも減点対象に。B5Fから改札階へ出るエレベーターも地下深いため、待ち時間がずいぶん長く感じられました。

 改札Aはエレベーターがなく、階段かエスカレーターのみ。その深さを考えてもとてもベビーカーを畳んで階段を上る気にはなれません。とはいえ、駅員さんにお願いするのもさすがに気が引けます。六本木ヒルズ方面へ行く場合は、かなり遠回りになりますが一度東京ミッドタウン方面へ出て地上を歩くほかないようです。

 そしてこの改札Aにエレベーターがないことが、後で思わぬ減点につながることになりました。