A. 慣らし保育や職場の状況を考え、4月中旬~5月初日を選ぶ人もいます。

 保育園の入園にあわせ、4月に職場復帰をする人は多いですが、「4月1日復帰」にこだわりすぎる必要はありません。復帰の時期は、本来、保育園入園のタイミングに加え、職場の仕事状況や、パパをはじめとする周囲のサポート状況なども検討して決めるのが望ましいもの。保育園入園が決まったら、遅くとも入園のひと月前までには、職場の上司に相談し、どのタイミングでの復職がよいか確認しておきましょう。

 例えば都市部の自治体では、認可保育園の場合、入園月の翌月1日までの復職を保育園入園の条件として定めているところがあります。つまり、4月1日入園であれば、5月1日までに復職することが条件になるので、その期間内で、復帰のタイミングを考えればよいのです。職場によっては、4月は異動期でもあるため、ひと段落した後の4月中旬ごろに復帰したほうがいいという場合もあるでしょう。

 また、入園当初は、午前中にまずは子どもを短時間預けて徐々に園の環境に慣らしていく「慣らし保育」があり、保護者はお昼には迎えに行かなければなりません。ワーママのなかには、慣らし期間を終えてから復帰する人もいます。上司とよく話し合い、双方にとって、なるべく無理のない形での復帰を目指しましょう。

 とはいえ、保育園入園に関しては4月が最大のチャンス。このチャンスを逃さないよう、復職のタイミングを決めましょう。自治体によって、入園と復職タイミングの条件が異なる場合もあるので、上司への相談の前に必ず確認しておきましょう。