A. 「なぜパブリックスペースで大きな声ではしゃいではいけないのか」をきちんと伝えましょう。

 ファミリーレストランなどに外食に行ったとき、子どもが大きな声ではしゃぎ始めると、周囲の目が気になって「みっともないからやめなさい!」と怒っているお母さんをよく見かけます。でも、「みっともない」は、子どもにとってはピンとくるはずもありません。「みっともなくて恥ずかしい」のは親自身なんですよね。

 こういうときは、「なぜ飲食店というパブリックスペースで大きな声ではしゃいではいけないのか」という理由をきちんとわかりやすく話すほうが子どもに伝わります。「あのね、お店の中には静かに食事をしたい人がいるかもしれないし、悲しい気持ちでここに来ている人がいるかもしれないでしょう。だから、静かに食べようね」

 このように説明したほうが子どもはきっとよく理解しますし、「自分以外の周りの人も気持ちを想像する」という心が育まれます。