平均的な日経DUAL読者は0~12歳の子どもを育てながら夫婦ともに働いている、手取り年収800万円です。今回はそんな読者層向けの保険特集を企画しました。共働き家庭の生命保険の目的とは、夫婦のどちらかに万一のことがあった場合でも、それ以前の生活水準を取りあえず維持して、新しい状況に慣れるまでの経済的なサポートを得ること。家庭への経済的な寄与度に応じて、夫婦それぞれが生命保険に入ることが必要です。前回のテーマ「DUAL読者に医療保険は必要ですか?」の答えは「ノー」。では子どもの医療保険はどうでしょう?

【共働き子育て家庭の「保険」これだけ読めばOK特集】
第1回 この保険の入り方はNG!共働き「3つの落とし穴」
第2回 共働き夫婦に終身保険は不要 ダラダラ支払いはムダ
第3回 共働きならパパは定期保険。ママは収入保障保険
第4回 医療はがん保険だけで十分 オススメ保険ベスト3
第5回 共働き子育て家庭 意外に知らない加入マスト保険! ←今回はココ

子どもの医療保険は不要。DUAL世帯が忘れちゃいけない「2つの保険」

 「子どもの医療費は自治体によって無料のところも。加入の必要はないのに入っている家庭は多いですよね。親の保険の特約で、つい入ってしまったとか。もったいないです」とファイナンシャル・プランナーの深野康彦さん。

 深野さんは「かわいいわが子が難病だったらどうしようという心配は、どの親にもあります。でも、保険は確率論で考えるしかありません。確率で言えば、子どもの病気は貯蓄で間に合います。心配しはじめると切りがなくなってしまう」。

 ファイナンシャル・プランナーの内藤眞弓さんも「子どもの医療保険は不要」としながら「子どもに関しては、入っていなければいけないのに、見過ごされている保険があります」と指摘します。それが個人賠償責任保険です。

 子育て世帯は「個人賠償責任保険」と「地震保険」がマスト!

<次ページからの内容>
・ 子どもがいる世帯が入るべきは「個人賠償責任保険」とは?
・ 見落としがちな「地震保険」。これは必ず入るべき
・ 子どもが小3になったタイミングが「ママのキャリア注意ランプ」点灯時期
・ 正社員同士の夫婦が気づくべき、“目に見えない保険”の価値とは?

次ページから読める内容

  • 貯蓄では負いきれない、大きな経済的なダメージに備える
  • 「地震保険」は誤解されがちだが……
  • 「会社員であること」は最大の保険!

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る