DUALおでかけサポート 2016年6月2日発行

 平日は忙しくて、うっかり次の週末の予定を何も考えていなかった!……なんていうことも多い共働きファミリー。そんな日経DUAL読者の代わりに、休日のとっておきのおでかけ情報を厳選してお届けします。

<目次>

【1】夏の天体イベントの予習にも! プラネタリウム5選(首都圏・大阪のイベント先取り情報)
 ●コニカミノルタプラネタリウム “満天” in Sunshine City【東京・豊島区】
 ●多摩六都科学館プラネタリウム【東京・西東京市】
 ●郷土博物館プラネタリウム【東京・東大和市】
 ●まるちたいけんドーム(プラネタリウム)【東京・足立区】
 ●大阪市立科学館プラネタリウム【大阪市・北区】

【2】6月11日(土)~6月12日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏・大阪)
 ●水の流れを感じる水族館のプロジェクションマッピング
 ●国内最大級の触って遊べるおもちゃ展覧会
 ◇その他3本

夏の天体イベントの予習にも! プラネタリウム5選(首都圏・大阪のイベント先取り情報)

 先月31日、2年2カ月ぶりに地球と火星が最接近しました。この前後は火星がひときわ明るく見られ、ネットニュースなどで話題になりましたね。火星に続き、8月12日には三大流星群のペルセウス座流星群、28日には金星と木星の大接近など、この夏は天体イベントが目白押しです。
 次なる天体イベントに備え、まずはプラネタリウムに足を運んでみてはいかがでしょうか。雲の多いこの時期ですが、天候に左右されずに満天の星空を体感でき、子どもの宇宙への興味をかき立てます。係員さんが今後の天体イベントを解説してくれる施設もありますよ。家族でゆったり見られるシートが用意された施設など、リラックスした休日を過ごしたいときにもおすすめです。

DUALチェック!

 今回はこの数年内にリニューアルされた最新式の設備や、親子でゆったり鑑賞できるプログラムがあるプラネタリウムを中心にご紹介。中でも東京・豊島区の「コニカミノルタプラネタリウム “満天” in Sunshine City」は、2015年冬にリニューアルし、星の瞬きまで忠実に再現したプラネタリウムです。親子で寝転がって見られるシートで鑑賞できるのもポイントです。

次ページから読める内容

  • 6月11日(土)・12日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏・大阪)
  • DUAL有料会員限定のページでお得な共働き応援クーポンをゲット!

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る