こんにちは! パーソナルスタイリストのみなみ佳菜です。今回はDUAL読者ならではの親子で楽しめるOFFスタイルを提案したいと思います。

 いわゆる「ペアルック」もいいのですが、全く同じ装いを親子でするだけでは、何となく「ベタな感じ」がしますよね。ちょっとしたテクニックで垢抜けて見える“親子おそろい服”のポイントをお伝えしちゃいます!

 えー、モデルはわたくしと娘でお送りいたします。

親子おそろい服テク1 同じ柄でもアイテムを変える

 モノトーンのチェック柄トップスでも、柄の大きさが違うデザインを選んで着るだけで、「いかにもおそろい」から一線を画すおそろい服に! 全体の色遣いはモノトーンやネイビー、グレーなどのベーシックカラーでまとめつつ、「ママは赤、子どもはレモンイエロー」などそれぞれに差し色をポイントで使って。統一感がある中に、ひねりが加わります。

次ページから読める内容

  • 親子おそろい服テク2 柄の1色を取り入れる
  • 親子おそろい服テク3 柄おそろいはクロスの法則で
  • 親子おそろい服テク4 同じ羽織りに、インナーは反対色(補色)

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る