昨年から今年にかけて、忙しいママにも役立つ色々な分野の「定額制サービス」が続々と現れています。月額10584円(税込)で洋服のレンタルが何度でもできる「エアークローゼット」や、月額4950円(税込)でオンライン英会話レッスンが自由に受けられる「ネイティブキャンプ」などです。いずれも30~40代の女性の利用者が多いとのこと。各サービスの特徴や、忙しいママに特に便利な点を紹介します。

月額料金で洋服を何度でもレンタル

 エアークローゼット(ファッション) 

 エアークローゼット(東京・港)が手がけるのが、インターネットと宅配便を活用した洋服のレンタルサービス「エアークローゼット」。月額10584円を支払えば、何度でも洋服を借り換えることができる。送料やクリーニング代は不要。毎回、トップス2枚とボトムス1枚など計3着をスタイリストが選び、利用者の元へ送ってくれる。

 昨年2月にサービスを開始。会員数は1年で8万人になった。利用希望者の増加にサービスの拡大が追い付かず、「ウェイティング会員」と呼ばれる待機者も多くいる。利用者は30代半ばが平均。ママも多いという。

 「コーディネートが得意ではなく、また自分で買うと同じような洋服ばかり買ってしまうので、色々な洋服を着てみたいと思いました。実際に着てみてから購入ができることも、これ以上同じような服を増やさないためにも、とても良いです!」

 千葉県市川市に住む鈴木麻美さん(仮名、40歳)は4歳の子どもがいる働く女性。約1年前からエアークローゼットの会員となり、今では月に2~3回、洋服を借り換えている。レンタルした服のなかで、特に気に入ったスカートを買い取りした経験もある

 「子どもが生まれてからはゆっくり洋服を選ぶことができないので、仕事に行くときの洋服が同じようなものばかりになったり、洋服を買えないというストレスがあったりしました。買い物に行かなくても手元に洋服が届くので色々な洋服を着ることができ、気に入ればそのまま購入できるのは助かります」

 借りる洋服そのものを利用者自身が選ぶことはできないが、マイページに色、サイズ、スタイルなど洋服の好みや、「タートルネックは苦手だから避けて」などの希望を登録することができる。また借りた洋服について、好みだったかどうかなどの感想をフィードバックできる。洋服を選ぶスタイリストがそれらの情報を参考にするため、徐々に利用者の好みに近づくことができるという。

届いた洋服を確認する鈴木さん
届いた洋服を確認する鈴木さん

次ページから読める内容

  • 洋服を汚してしまっても自己負担は少なくて済むように
  • 国内セレクトショップなど約300ブランドが参加
  • 予約なしで何回でも、英語のマンツーマンレッスン
  • ヨガ・ダンス・バレエなど500種類以上のレッスンを受講できる

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。