DUALおでかけサポート 2016年4月14日発行

 平日は忙しくて、うっかり次の週末の予定を何も考えていなかった!……なんていうことも多い共働きファミリー。そんな日経DUAL読者の代わりに、休日のとっておきのおでかけ情報を厳選してお届けします。

<目次>

【1】空一面にこいのぼりが泳ぐ! こどもの日のお祭り特集(全国のイベント先取り情報)
 ●東京タワー 333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」【東京・港区】
 ●こいのぼりの里まつり【群馬・館林】
 ●加須市民平和祭【埼玉・加須市】
 ●こいのぼりフェスタ1000【大阪・高槻市】
 ●仁淀川紙のこいのぼり【高知・吾川郡】

【2】4月16日(土)~4月17日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏・大阪)
 ●動物の餌と飼育員の仕事を知る2日間
 ●見ただけでは分からない歌舞伎の楽器を鳴らしてみる
 ◇その他3本

空一面にこいのぼりが泳ぐ! こどもの日のお祭り特集(全国のイベント先取り情報)

 5月5日は現代では「こどもの日」として祝われますが、もともとは五節句の「端午」の節句にあたり、3月3日の桃の節句が女の子の幸せを願うお祭りだったのに対し、男の子の成長のお祝いとして知られています。端午の節句には兜を飾る、菖蒲湯に入るなどの伝統的な風習が残っていますが、今回はその中でもこいのぼりに注目。たくさんのこいのぼりが泳ぐ姿が圧巻のイベントを5つ紹介しています。
 数々の魚がいる中で、コイだけが激しい滝を登りきったという中国の「コイの滝登り伝説」にちなんだこいのぼり。雄大なこいのぼりを家族で見て、健やかな成長を祝ってみては。

DUALチェック!

 おすすめは東京・港区の「東京タワー 333匹の『鯉のぼり』と巨大『さんまのぼり』」。東京タワーに色とりどりのこいのぼりがはためく姿は、昼も夜も壮観です。とにかくたくさんのこいのぼりが泳ぐ姿が見たい人は、群馬・館林の「こいのぼりの里まつり」。約5000匹ものこいのぼりが空を舞い、世界記録にも認定されているほどです。
 都心部ではなかなか大きなこいのぼりを飾れない家庭も多いのでは? ぜひこの機会におでかけしてみてください。

次ページから読める内容

  • 4月16日(土)・17日(日)に行ける親子おでかけ場所(首都圏&大阪)
  • DUAL有料会員限定のページでお得な共働き応援クーポンをゲット!

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る