卒業後30年目にして初めて行った同窓会は……面白かった

 私が通っていた学校は、卒業したあとでも頑張っている友達が多かったんです。たまにばったり会ったりするとそれぞれに頑張っていて、私は自分がなんだかちょっと恥ずかしかった。「大学、行っとけばよかったかな~」なんて思ったりして。

 もちろん、音楽の道に進んだことに後悔はないし、大好きな音楽を仕事にできて充実していたけれど、その後、「〇〇ちゃんは何々になった」とか、「どこどこの会社に入った」とか伝え聞く中で、私のコンプレックスは全然消えませんでした。それで、忙しくなったことをこれ幸いに、誰とも会わなくなりました。皆と疎遠になったままだったから、同窓会も行かなかった。というより、行けなかった。気分的になんだか皆に会いづらかったんです。

 でも、30年ぶりに一人と連絡を取るようになって、同窓会に行くことに。

 そして発見したこと。いやー、同窓会っておもしろい! 

 子どものころは走るのが速くて、外で遊んでばっかりいた子が立派になっていたり、昔からよく本を読んでいた子が雑誌の編集者になっていたり。色んな世界のエラい人(?)になっている人、世の中を動かしちゃうようなことに関わってる人……、本当にいろんな人がいて。いろんな意味で、お互いに“30年分の歴史”を感じました。

 皆と歩んできた人生は全然違うのに、30年分のブランクを一気に飛び越えられてうれしかった。小学校の友達づきあいって、お互いの親も知り合いだから、高校や大人になってからの友達より“身内感”があるんですよね。もう、久しぶりに会った親戚みたいな感じでした。しかも皆、私を「立派だ!」って褒めてくれるから、私も気を良くしちゃって(笑)。

 驚いたのは、皆とはいろんなつながりがあったこと。仕事だけでなく、子どもたちの学校が学年違いで一緒だったりとか、習い事も一緒だったりとか。「香のお子さんの学校って~~でしょー」「え、なんで知ってるのー?」「塾のママ友から聞いた」なんて。世の中ってホントに狭い。

 近い友達が一気に増えたみたいでうれしくて、それ以来、失った時を取り戻すかのように皆と会うようになりました。

 それにしても、私はなんであのとき、同窓会に行けたんだろう。

 それまでの私だったら、弟に言われても、きっと友達と連絡を取らなかったと思うんです。あのとき、友達に連絡できたのはなぜなんだろう。